sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!
2019/07/17

「クリスマスといえば?」連想する食べ物やクリスマスソング・人気スポットを様々紹介

クリスマスといえば、どんなものを連想しますか。

こちらの記事では、クリスマスといえば、どんな食べ物があるのか、クリスマスと言えば、どんなプレゼントがおすすめなのか、どんな曲が人気なのか、どんな飾りを取り入れていくのか、などについてご紹介しています。
おすすめのスポットについてもご説明しているので、クリスマスを満喫したい方はぜひご覧になってみてください。

Large christmas 1911637 1280

クリスマスといえば?

クリスマスといえばどんな色

クリスマスといえば、赤や緑のカラーの組み合わせが有名でしょう。
また、冬の季節であることを伝える雪を表した白い綿の飾りや、銀色の装飾も挙げられます。

より特別感を与えたい場合はゴールドのきらびやかなカラーを取り入れるのも良いでしょう。
また、植物でも葉の緑と花の赤の色味を取り入れていくことで、華やかでリッチな印象に仕立てていくことができます。

より深みのあるカラーで緑や赤を取り入れれていけば、大人な印象に仕立てることができるのもコツの1つです。

<下に続く>

クリスマスといえばこれ!クリスマスの食べ物8選

クリスマスといえばどんな食べ物

クリスマスといえば?食べ物編:白いケーキ

クリスマスといえば?食べ物編の1つ目は、白いケーキです。
雪をイメージさせるような白いケーキに、赤いいちごを乗せたケーキは、サンタを想起させ特別感のあるディナーにしてくれます。

プレートにはメリークリスマスというつづりが入っていることが多く、家族や友人と切り分けて楽しむケースが多いでしょう。
また、ブッシュドノエルといった茶色いチョコのケーキも候補のうちの1つです。

粉糖などで雪をイメージしたデザインにすることで、より可愛らしい見た目にもなるでしょう。
キャラクターが真ん中に乗っているデザインであれば、子供が喜びやすくなるのもポイントです。

クリスマスといえば?食べ物編:クッキーの家

クリスマスといえば?食べ物編の2つ目は、クッキーの家です。
クッキーや飴、チョコを使った家のような形をしたお菓子は、特別な印象を与えるでしょう。

キャンディケインのように白と赤が斜めに配置された色味の飴を使うと、よりイベントの雰囲気を伝えやすくなります。
煙突からサンタが出ているような装飾を施せば、より季節感のある見た目にもしていけるでしょう。

家を作るためのキットなどもあるため、子供と楽しんで作りたい方にもおすすめな食べ物となっています。

クリスマスといえば?食べ物編:ジンジャークッキー

クリスマスといえば?食べ物編の3つ目は、ジンジャークッキーです。
丸いフォルムが特徴的な人形のクッキーとなっていて、表情やネクタイ、ボタンなどがアイシングされていることが多いでしょう。

名前の通り生姜が使われているため、大人向けなスパイシーな味わいを楽しむこともできます。
紅茶と共に楽しむことで、心と体を温めていくことができるでしょう。

色のバリエーションを変えて作ることで、より華やかな見た目にもなります。

クリスマスといえば?食べ物編:ホワイトチョコのお菓子

クリスマスといえば?食べ物編の4つ目は、ホワイトチョコのお菓子です。
白い見た目が特徴的なホワイトチョコは、ミルキーな味わいも相まって冬の印象が強いお菓子です。

クランベリーなどと一緒に入れて焼き上げることで、サンタのような色味を取り入れながら美味しいクッキーにしていくこともできます。
優しい甘さが特徴的でもあるため、より癒やしを得ることもできるでしょう。

ゴディバなどのブランドでチョコを購入すれば、豪華な印象のプレゼントにもなります。

クリスマスといえば?食べ物編:七面鳥の丸焼き

クリスマスといえば?食べ物編の5つ目は、七面鳥の丸焼きです。
七面鳥に紙の装飾が付いていて持ち手を握って食べるようなスタイルが有名でしょう。

丸焼きになっていれば、メインの料理として食卓を豪華にすることもできます。
もともとは収穫祭という伝統がルーツになっていますが、今では日本でも簡単に予約して食べることができるメニューとなっているでしょう。

あらかじめ1人分に取り分けてあるサイズであればより手軽に食べることもできます。

クリスマスといえば?食べ物編:リースを再現したサラダ

クリスマスといえば?食べ物編の6つ目は、リースを再現したサラダです。
ドーナツ型に配置して色鮮やかな緑黄色野菜を並べることで、ヘルシーながら可愛いデザインのサラダにすることができます。

赤の要素には、トマトだけでなく生ハムやスモークサーモンなどを加えると、より豪華な見た目にしていけるでしょう。
また、ポテトサラダなどで土台を作ることで、崩れにくいデザインになるのもコツの1つとなっています。

具材を並べる時には方向を一定にすることで、よりまとまった印象にもなるでしょう。

クリスマスといえば?食べ物編:ツリーをデザインしたサラダ

クリスマスといえば?食べ物編の7つ目は、ツリーをデザインしたサラダです。
立体的に盛り付けていくことで、よりおしゃれな見た目にしていくことができます。

土台にはじゃがいもやかぼちゃを使ったサラダを使い、円錐状に固定してからブロッコリーを乗せることで、もみの木のようなデザインにしていくことができるでしょう。
また、オーナメントのように斜めにトマトを配置し、ピックで星や音符を飾ることで、より可愛らしい雰囲気にしていくこともできます。

パーティに用いることで、より楽しい時間を過ごしやすくなるでしょう。

クリスマスといえば?食べ物編:ローストビーフ

クリスマスといえば?食べ物編の8つ目は、ローストビーフです。
放射状に並べて真ん中に野菜を乗せることで、両方の食材を引き立てつつジューシーな味わいを楽しみやすくなります。

赤身が特徴的な見た目となっているため、七面鳥の代わりに取り入れることもできるでしょう。
また、取り分けやすいという利点もあるので、よりたくさんの人と楽しむパーティ料理として取り入れやすい、という魅力もあります。

ソースやわさびを付けることで、味を変えて楽しむこともできるでしょう。

<下に続く>

クリスマスといえばプレゼントはこれ!

クリスマスといえばどんな贈り物

クリスマスといえばプレゼントはこれ:ナイキのボックス

クリスマスといえばプレゼントはこれ、と言える候補の1つ目は、ナイキのボックスです。
スポーツブランドのギフトであれば、男性も喜びやすいアイテムをプレゼントしやすくなるでしょう。

シンプルなカラーとロゴが入っているものであれば、どんな人も取り入れやすいアイテムになるのもポイントです。
人を選ばない、有名なスポーツブランドのギフトをチョイスすることで、邪魔になりにくいアイテムを渡せるでしょう。

ボックス型のギフトにすることで、開けるワクワク感を演出しやすくなるのもポイントです。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:パールを使ったアクセサリー

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補の2つ目は、パールを使ったアクセサリーです。
白や銀色のパールを使って作られたアクセサリーであれば、冬場に用いやすいだけでなく高級感のあるプレゼントになるでしょう。

彼女へのプレゼントとして贈ることで、ディナーや夜景などの場面をよりロマンチックにすることもできます。
また、雪の結晶などがデザインされたような、比較的カジュアルなデザインのアクセサリーであれば、重い印象を与えづらいのもコツの1つとなっているでしょう。

定番のシンプルなデザインにすることで、人を選ばずに似合うアイテムをプレゼントしやすくなるのもポイントです。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:男女兼用のデザインの時計

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補の3つ目は、男女兼用のデザインの時計です。
男性と女性どちらでも使いやすくなっているデザインの時計であれば、同じデザインの時計をカラーを変えて恋人同士で取り入れたりすることができます。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:ペアで使えるデザインになっているリング

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補の4つ目は、ペアで使えるデザインになっているリングです。
2つ合わせると1つのデザインが出来上がるような構造のものであれば、カップルの愛情を育てていきやすくなるでしょう。

1年近く付き合っているカップルであれば重い印象もなく渡しやすいアイテムとなっています。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:長編の書籍

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補の5つ目は、長編の書籍です。
1冊にまとまっている大きな本であれば、より特別感のあるプレゼントになるでしょう。

特に、作品に出てくる本と実際の見た目がリンクしているはてしない物語といった作品であれば、読書が好きな子供に喜ばれやすいプレゼントになります。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:ゲーム機

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補の6つ目は、ゲーム機です。
やや高額なゲーム機やゲームソフトも、特別な贈り物の候補に上がりやすいでしょう。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:編み物のアイテム

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補の7つ目は、編み物のアイテムです。
ニット系のマフラーや手袋、靴下やコースターを取り入れれば、寒い季節に使いやすいものを贈ることができます。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:革製品の小物

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補の8つ目は、革製品の小物です。
高価なレザーのアイテムは、男性にも贈りやすいアイテムのうちの1つとなっているでしょう。

カラーレザーが使われていれば、個性を追加できるのもポイントです。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:化粧品

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補の9つ目は、化粧品です。
ややリッチな化粧品も、女性には喜ばれやすいでしょう。

あらかじめどんなものがほしいか聞いておくと、好みのブランドのアイテムを贈りやすくなります。
アロマ系のアイテムも気軽に渡しやすいグッズとなっているでしょう。

クリスマスといえばプレゼントはこれ:ぬいぐるみ

クリスマスといえばプレゼントはこれ、という候補は、ぬいぐるみです。
やわらかい肌触りに癒やされるぬいぐるみは、小さい子への贈り物として適しているでしょう。

大きなぬいぐるみであれば、より特別感のある見た目にもなります。

<下に続く>

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット10選

クリスマスといえばどんな場所

おすすめなスポットは、どのようなものになっているでしょうか。

こちらでは、10個のスポットについてご紹介していきます。

  1. 東京スカイツリー
  2. カレッタ汐留
  3. 恵比寿ガーデンプレイス
  4. 東京駅
  5. 東京ミッドタウン
  6. ディズニーリゾート
  7. サッポロファクトリー
  8. ユニバーサルスタジオジャパン
  9. ハウステンボス
  10. みなとみらいナイトクルーズ

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット①:東京スカイツリー

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの1つ目は、東京スカイツリーです。
外から見ると青いライトアップが幻想的で、中から高い所までエレベーターで上がり、夜景を楽しむこともできるでしょう。

中にはカフェやレストランなどもあり、予約することで夜景と一緒に食事を満喫することもできます。
ソラマチという建物も近いため、友達とショッピングを楽しむこともできるでしょう。

人によって、より自分好みの楽しみ方ができる、という魅力があります。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット②:カレッタ汐留

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの2つ目は、カレッタ汐留です。
青や白のLEDを30万個近く使った装飾は、とても幻想的で、より印象に残るイルミネーションを楽しみたい場合におすすめでしょう。

きらびやかな光を満喫できるため、デートにもぴったりな景色を楽しむことができます。
6分間音楽と光の動きを楽しむことができるショーが20分おきに開催されるため、大切な人と特別な時間を過ごしたいという方におすすめなスポットとなっているでしょう。

冬の美しさを実感できるような光の装飾を楽しみやすく、バレンタインまで開催されているため、ロマンチックなデートを冬に取り入れたい場合におすすめです。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット③:恵比寿ガーデンプレイス

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの3つ目は、恵比寿ガーデンプレイスです。
とても大きなツリーが特徴的で、豪華な記念写真を撮りたい方におすすめな場所となっています。

緑や赤、白、黄色といった色とりどりのイルミネーションが楽しめるため、よりクリスマスらしい見た目を満喫できるでしょう。
ショッピングもできるため、食事や買い物を楽しみながらきらびやかな装飾を満喫する、という1日を過ごすこともできます。

家族や恋人、友人など、さまざまな方におすすめなスポットとなっているでしょう。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット④:東京駅

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの4つ目は、東京駅です。
明治や大正を想起させる、レトロな情緒を満喫できる、という魅力があります。

周りには郵便局が元になっているKITTEや丸ビルなどがあるため、より好みのレストランに行ったり、あえて高級な和食を楽しんでみたりする、といった過ごし方ができるでしょう。
歴史のある展示を見てみたい方にもおすすめな場所となっています。

マーケットが開催されたりと、特別なイベントに参加しやすいという魅力もあるでしょう。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット⑤:東京ミッドタウン

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの5つ目は、東京ミッドタウンです。
バルーン状の飾りが光ったり、スモークが入ったシャボン玉が弾けたりと、よりさまざまな演出を楽しみやすい、という魅力があります。

より豪華なイルミネーションを満喫したい場合に良い場所となっているでしょう。
白や青の色味だけでなく、ピンクの色味も特徴的なので、恋人とロマンチックな時を過ごしたい場合にもおすすめです。

フォトサービスも展開されているため、綺麗な写真で思い出を残すこともできるでしょう。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット⑥:ディズニーリゾート

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの6つ目は、ディズニーリゾートです。
水上のショーなどを楽しめるディズニーシーでは、恋人向けの特別な時間を過ごすことができます。

また、ディズニーランドでは、家族も楽しみやすい、感動するショーを楽しめるでしょう。
お昼はアトラクションを楽しみ、夜にはショーを楽しむ、という過ごし方ができます。

夕方から入場料が安くなるチケットもあるため、夜の時間だけ楽しみたい場合にも取り入れやすい場所となっているでしょう。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット⑦:サッポロファクトリー

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの7つ目は、サッポロファクトリーです。
カラフルでサイズが大きいツリーを見たい方におすすめな場所となっています。

冬の北海道は寒いですが、冬ならではの美味しい鍋料理を楽しむこともでき、北海道ならではの豊かな自然や、雪のスポーツを満喫したい場合にもおすすめなスポットとなっているでしょう。
イブの日から旅行を満喫することで、一緒に過ごす人との絆を深めやすくなるのもポイントです。

映画館やレストランも建物の中に入っているため、ゆっくりと時間を過ごすこともできるでしょう。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット⑧:ユニバーサルスタジオジャパン

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの8つ目は、ユニバーサルスタジオジャパンです。
さまざまな映画のセットが再現された景色を間近で楽しめるだけでなく、いろいろなキャラクターが出て来るショーを満喫できるでしょう。

よりスリリングなアトラクションを楽しみたい、という方や、アメリカの映画が好きな方などにおすすめな場所となっています。
虹色の大きなツリーは、訪れた人に特別な思い出を与えてくれるでしょう。

エンターテインメントを家族と満喫したい場合にも選択肢の1つになりやすい場所となっています。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット⑨:ハウステンボス

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの9つ目は、ハウステンボスです。
カートタクシーを使うことで、広い敷地を簡単に移動しやすくなる、という特徴があります。

観覧車では広大な敷地の装飾を上から眺めて楽しめる、という魅力もあるでしょう。
1000万を超える光の装飾を見ることができるため、よりダイナミックな景色を満喫したい場合におすすめです。

花火を見ることもできるので、豪華な演出を見てみたい方にもおすすめな場所でしょう。

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポット⑩:みなとみらいナイトクルーズ

クリスマスといえばどこに行きたい?おすすめスポットの10個目は、みなとみらいナイトクルーズです。
横浜のみなとみらいでのナイトクルーズでは、赤レンガ倉庫などの建造物や観覧車の装飾などを眺めながらロマンチックな時間を過ごすことができます。

ディナーの時間を大切な人と過ごしたい方にもおすすめでしょう。
フレンチやホテルの料理、イタリアン、中華などの中からチョイスできるため、自分にあった価格帯を選べるのもポイントでしょう。

ディナーだけでなく、ランチやカクテル、夕暮れから夜になっていく時間帯を楽しむ、という選択肢もあります。

<下に続く>

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲8選

クリスマスといえばどんな歌

人気の楽曲には、どんなものが挙げられるでしょうか。

こちらでは、8つの曲についてご紹介していきます。

  1. クリスマス・イブ
  2. ジングルベル
  3. ウィーウィッシュアメリークリスマス
  4. ハッピークリスマス
  5. クリスマスソング
  6. 恋人たちのクリスマス
  7. 恋人がサンタクロース
  8. 白い恋人たち

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲①:クリスマス・イブ

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲の1つ目は、クリスマス・イブです。
山下達郎さんが歌っていることで有名な曲となっていて、1988年に東海旅客鉄道のCMで使われていることで大きな話題となりました。

silentnight、と繰り返す言葉に切なさや聖なる夜の特別さを感じることができる楽曲となっているでしょう。

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲②:ジングルベル

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲の2つ目は、ジングルベルです。
日本語にも訳されていて子供の頃から馴染みやすいメロディーとなっています。

サビ部分がメッセージカードの音楽になっていたりと、プレゼントにも使われやすい楽曲となっているでしょう。
今日は楽しい、といったフレーズなどから、わくわくとした気持ちを演出することもできます。

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲③:ウィーウィッシュアメリークリスマス

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲の3つ目は、ウィーウィッシュアメリークリスマスです。
wish、という言葉が多く使われていることが特徴的で、より祈りを捧げるような神聖な印象を与えることができるでしょう。

静かながら、綺麗な音の運びとなっていて、多くの人が知っている曲にもなっています。

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲④:ハッピークリスマス

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲の4つ目は、ハッピークリスマスです。
ジョンレノンさんが歌っていることで有名な楽曲で、お祝いをするだけでなく、世界の平和を願うような歌詞が印象的でしょう。

よりいろいろな人の心を1つにして、一緒に楽しい時間を過ごしたい時や、心が震えるような感動的な曲を流したい場合におすすめです。

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲⑤:クリスマスソング

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲の5つ目は、クリスマスソングです。
bucknumberというバンドが歌っている楽曲で、9時から5時までという恋愛ドラマの曲としても有名でしょう。

君が好きだ、という気持ちをつのらせていく様子が歌われている曲で鈴のような音も使われているので、お互いを想い合いたい時間に流すことがおすすめです。

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲⑥:恋人たちのクリスマス

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲の6つ目は、恋人たちのクリスマスです。
マライアキャリーさんが歌っていることで有名で、たくさんのプレゼントはいらない、クリスマスのプレゼントにほしいのはあなただ、といった内容の歌詞が特徴的でしょう。

ロマンチックな歌詞ではありますが、聞いているとうきうきとした気分になるような楽しい音の運びも特徴的で、パーティを楽しむために使う音楽としておすすめです。

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲⑦:恋人がサンタクロース

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲の7つ目は、恋人がサンタクロースです。
松任谷由実さんが歌っている楽曲で、日本のクリスマスのシーズンの曲として良く挙げられやすいでしょう。

雪の街から来る、私の家に来るといったフレーズが特徴的で、サンタが来ることがまちきれないような気持ちを歌い上げた歌詞に、わくわくする気持ちが増していく楽曲となっています。

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲⑧:白い恋人たち

クリスマスといえば聴きたくなる人気の曲の8つ目は、白い恋人たちです。
桑田佳祐さんが歌っている楽曲で、別れた相手のことを想う切ない歌詞が特徴的となっています。

静かな夜に曲を楽しみたい時や、大人のパーティを楽しみたい時におすすめでしょう。

<下に続く>

クリスマスといえば思い浮かべるおしゃれな装飾や装飾アイテム

クリスマスといえばどんな飾り

飾りとして挙げられるのは、どんなものでしょうか。

こちらでは、10個の装飾についてご紹介していきます。

  1. カラフルな風船
  2. ひいらぎの葉っぱと南天の実
  3. 星の飾り
  4. ポインセチア
  5. クリスマスローズ
  6. リース
  7. 金色のモール
  8. サンタのオブジェ
  9. 金色のベル
  10. 大きな靴下

クリスマスといえばこの装飾①:カラフルな風船

クリスマスといえばこの装飾の1つ目は、カラフルな風船です。
赤や緑の風船を取り入れれば、子供が喜びやすい装飾にしつつ、クリスマス感を強調できます。

金や銀の色味を取り入れれば、大人向けのパーティ会場の飾りとしても取り入れていけるのもポイントです。
ピンクのカラーやハートの形のものなどを使えば、ガーリーな可愛い見た目にもなるでしょう。

丸い形だけでなく、ハートや星の形を用いれば、特別感を与えやすくなるでしょう。

クリスマスといえばこの装飾②:ひいらぎの葉っぱと南天の実

クリスマスといえばこの装飾の2つ目は、ひいらぎの葉っぱと南天の実です。
ひいらぎの葉っぱが2つ重なっているような形になっていて、真ん中に南天の実を2つ配置したデザインが特徴的でしょう。

リボンと一緒に取り入れれば、より可愛らしい見た目に近づけやすくなるのもポイントです。
折り紙などで作って部屋のドアなどに飾ることで、手軽にイベントの雰囲気を取り入れることもできます。

葉っぱが銀の色味や金の色味になっているデザインのものもあるでしょう。

クリスマスといえばこの装飾③:星の飾り

クリスマスといえばこの装飾の3つ目は、星の飾りです。
中心に向けて5本の線が入っているデザインであることが多く、ツリーの一番上に飾ることができるでしょう。

折り紙でも立体的に作ることでおしゃれな飾りに仕立てることもできます。
LEDで点灯できるタイプであれば、夜にも華やかな見た目にしていくことができるでしょう。

基本的には金色や黄色、銀色のデザインであることが多いのもポイントです。

クリスマスといえばこの装飾④:ポインセチア

クリスマスといえばこの装飾の4つ目は、ポインセチアです。
外国ではクリスマスが来ると飾る、という習慣のあるポインセチアは、赤々とした花の色と、鼻の先が尖っていて星のような形をしているということが特徴的でしょう。

11月頃になると良く花屋さんに並びやすく、花言葉に聖夜という意味合いを持っているのもポイントです。
造花として取り入れれば、より装飾として気軽に用いやすくなるため、100均などのコーナーでチェックしてみるのも良いでしょう。

玄関などに配置することで、訪問客を温かく出迎えることもできます。

クリスマスといえばこの装飾⑤:クリスマスローズ

クリスマスといえばこの装飾の5つ目は、クリスマスローズです。
丸っこい形をしていることが特徴的で、斑が入ったような見た目も個性があります。

アンティーク調の見た目となっているので、大人っぽい雰囲気の装飾を楽しみたい場合にもおすすめです。
白がメインとなっていて、赤い斑模様が中心から伸び、葉っぱで緑の色味を取り入れることができるため、より清楚な印象の飾りにもなるでしょう。

花瓶に生けることで、洒落た雰囲気になるのもポイントです。

クリスマスといえばこの装飾⑥:リース

クリスマスといえばこの装飾の6つ目は、リースです。
円形のリースは、飾ることで特別な雰囲気を演出してくれます。

緑がメインカラーのものが多いですが、青がメインカラーになっているものを取り入れれば、よりクールで大人っぽい印象にしていくことができるでしょう。
フェルトの素材で作るようにすれば、より温かみのある印象にもできます。

トナカイの飾りや角などの装飾を茶色いフェルトで作って綿を詰めれば、子供向けの飾りにもなるでしょう。

クリスマスといえばこの装飾⑦:金色のモール

クリスマスといえばこの装飾の7つ目は、金色のモールです。
モールを波形に壁に飾ることで、パーティを盛り上げていくことができます。

金色のモールと銀色のモールを重ねて飾り付けるようにすれば、豪華な見た目にもなるでしょう。
波型の部分の上にはリボンや星を配置すれば、特別感のあるデザインにしていけます。

小さな三角コーンと一緒に作れば、手軽に飾りをDIYできるのもおすすめなアイデアです。

クリスマスといえばこの装飾⑧:サンタのオブジェ

クリスマスといえばこの装飾の8つ目は、サンタのオブジェです。
サンタを模したような帽子や、小物のオブジェなどを取り入れていけば、可愛らしい雰囲気にしていくことができます。

プレゼントを持っているようなデザインのものを取り入れれば、子供が喜ぶ装飾にもなるでしょう。
陶器でできたものであれば高級感のある見た目に、布や糸でできていれば温かみのある印象になります。

お好みで素材をチョイスすれば、部屋の雰囲気にあった見た目のオブジェを取り入れていくことができるでしょう。

クリスマスといえばこの装飾⑨:金色のベル

クリスマスといえばこの装飾の9つ目は、金色のベルです。
ベルの装飾は、リースやツリーなどにも取り入れやすいものとなっています。

ベルの代わりに鈴を取り入れれば、サンタさんがやってくるような雰囲気を楽しむこともできるでしょう。
金色であれば豪華さと王道感がある見た目に、銀色であればクールで大人っぽい雰囲気に仕立てていくことができます。

ベルもひいらぎの葉っぱと同じように、2つ連ねて配置することが多い飾りでもあるでしょう。

クリスマスといえばこの装飾⑩:大きな靴下

クリスマスといえばこの装飾の10個目は、大きな靴下です。
中にプレゼントを入れるための、大きな靴下はキャラクターが描かれたものをチョイスすることで、より可愛らしい雰囲気にしていけます。

子供が好きなお菓子の詰め合わせのケースが靴下型になっている場合もあるでしょう。
吊り下げるためのひもが付いているデザインとなっていれば、ベッドの周辺に配置して子供をわくわくさせやすくなります。

上半分にはもふもふとした白い装飾が付いているパターンも多いでしょう。

<下に続く>

おすすめのクリスマス用品

クリスマスといえばどんなアイテム

QBSMタペストリークリスマスツリー
3200円

おすすめのクリスマス用品は、「QBSMタペストリークリスマスツリー」です。
タペストリーのように飾ることができ、布の上から画鋲や安全ピンなどでオーナメントのひもなどを取り付けることで、自分好みに飾り付けることができるでしょう。

本物のもみの木とは違い、より手軽に飾り付けて片付けることができるため、短いイベントの準備を手早く済ませたい方におすすめです。
LサイズとXLサイズから選べるため、より部屋にあったサイズのものをチョイスできるでしょう。

<下に続く>

クリスマスといえばどんなものがあるか考えて取り入れてみよう

クリスマスといえばどんな明かり

クリスマスといえばどんなものがあるのか考えて、生活にも取り入れてみましょう。
よりイベント感のあるアイテムはどんなものがあげられるのか押さえておくことで、楽しい気分を盛り上げていくことができます。

イベントに向けて用意をして、当日を楽しむことで、日常に華やぎも生まれるでしょう。
おすすめのスポットについてチェックをすれば、特別な思い出を作ることもできます。

また、聞きたくなる曲についてもチェックすれば、自宅でのパーティも盛り上げやすくなるでしょう。
おすすめのプレゼントについて知れば、一緒に過ごす相手と親交を深めたり、気持ちを伝えやすくなるのもポイントです。

さまざまなアイデアの中から取り入れやすいものを見つけて、より素敵な時間を過ごせるようにしていきましょう。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
人気おすすめタグ
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line