sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!
2019/09/11

ジュニアシートおすすめ人気ランキング12選!上手な選び方とお手入れ法も紹介

車を乗るときに、子供を守るためにジュニアシートは大切です。
色々な種類があり、年齢に合わせて使う形も異なってきますので、しっかりと把握をするようにしましょう。

どのようなジュニアシートが人気でおすすめなのか詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。

Large 73

ジュニアシートの特徴

子供の安全を守るシートとは

シートベルトの補助

ジュニアシートは、車に設置されているシートを正しい場所に設置するための補助となります。
大人のようにシートに座りながら使ってしまうと、首つりしてしまう可能性が出てしまうからです。

3歳や4歳から使用することができるシートですが、子供の身長によっても形が異なってきますので、正しく使用してくださいね。

兼用タイプ

できれば長く使用できるものを使いたいと思っている方も多く、兼用になっているものもあります。

年齢に合わせて、設置されている部品をどんどん取り外して、シンプルに使用することができます。
これなら買い替えもしなくて、子供が大きくなるまでしっかりと使うことができるのでおすすめ。

軽い

ジュニアシートは車の中に設置ができて、とても軽いのが特徴ですよ。
シートの上におくだけで、付け替えるときも楽で親の負担が少ないから使いやすい。

デザインによってつけ方は異なりますが、赤ちゃんを車に乗せるときよりはとても楽になるので、すぐに設置できて、お出かけも楽になりますよ。
より軽くて使いやすいものを使用したいという方は、おすすめ商品で重量をしっかりとチェックしてみてくださいね。

<下に続く>

ジュニアシートの種類

子供の年齢や使いやすさを知ろう

背もたれ付き

子供が3歳くらいになり、身長や体重の基準が当てはまると使用することができるジュニアシートです。
あまり大きめな子でなくても、チャイルドシートから切り替えやすいのでおすすめ。

背もたれがあることで、シートベルトをしっかりと固定することができ、体にフィットさせることができます。
ジュニアシートになると飲み物を置く場所などが付属させているものもあるためおすすめ。

車に乗せやすくなりますから、早めに買い替えを考えている方でしたら、背もたれ付きを選んでみてくださいね。

座面のみ

背もたれがついていなく、小さいいすの上に座るタイプのもので、子供にとっては自由が利きます。
さらに、親も設置が楽で軽くなりますから、車を2台持ちしている方ならお出かけの車にすぐ準備してあげることができるためおすすめ。

また、背もたれがついていないとお値段もとても安いため、買い替えしやすく、子供の身長や体重が適するのであれば、すぐに買い替えをすることができるのでおすすめですよ。

<下に続く>

ジュニアシートとチャイルドシートの違い

年齢に合ったシートによって使うものが違う

幼児用

赤ちゃんが乗るシートはベビーシートまたは幼児チャイルドシートといいます。
年齢が3歳くらいからジュニアシートを使用することができ、身長や体重に応じて使うシートの種類が異なります。

そのため、楽だからジュニアシートを使いたいと思っても、年齢や身長・体重がマッチしていないと使用することができません。
年齢に合わせてどんどん部品を少なく使用できる兼用タイプでしたら、長く使用することができ、少しお値段は高くても買い替えをすぐに気にしなくよい。

前向き

車に赤ちゃんを乗せるときは、後ろ向きや寝かすことが可能で、ジュニアシートはすべて前向き。
大人と同じように車に乗るためのシートで、シートベルトを正しい位置に設置するだけのものですから前向きです。

赤ちゃんの時よりもシートのお値段もぐんと安くなりますし、車に乗っているときに、子供をしっかりと守ってくれますから、おすすめの商品を確認して、子供に使ってみてくださいね。

<下に続く>

ジュニアシートの選び方

子供が使いやすいものを選んでみよう

Eマーク

車に乗っているときに、子供を守ってくれるジュニアシートですから安全性にこだわることはとても大切です。
中でも、Eマークがついているか確認することが一つの基準となりますので、購入前に確認してみてください。

国土交通省の定めた安全基準をクリアしているジュニアシートということが言えますのでおすすめの商品ですよ。
これがないとあまりおすすめはできませんから、子供のことを考えて、しっかりと確認してくださいね。

車のシートに設置しなければいけないため、車の車種に使えるかどうかしっかりと形を確認することが大切です。
また、子供の成長度合いを見て、背もたれが必要なのかそうでないかも考えないといけません。

長距離で移動する場合でしたら、子供もシートに長時間座るのが苦痛になりますので、体にしっかりとフィットして、安全性が高いものを選ぶようにしてみてください。
いくらおすすめ商品と書いていても、子供の体に合っているかはチェックしてみてくださいね。

調整できるタイプ

年齢や体の大きさに合わせて、パーツを外していくことができるのがしっかりと確認することが大切です。
調整できるものでしたら、ジュニアシートも長い間使用することができ、すぐに買い替えをしなくてもよくなるため、無駄な出費を防ぐことができます。

簡易的なものだと年齢よりも少し早かったりして、安全性が高いとは言えなくなりますし、毎回買い替えしていたら家計に響きますよね。
そのため、調整できて子供の体にフィットし、長く使用できるものがおすすめなので、確認してみましょう。

固定方法

ジュニアシートを置くだけでは、安全性が高いとは言えませんので注意が必要。
しっかりと設置できるもので、運転中に子供を守ることができるのかチェックしてくださいね。

チャイルドシートのようにしっかりとシートに固定するタイプがどんどん減ってきますから、万が一事故にあった時を考えて、固定法を確認しておくのがおすすめ。

クッション性

大人もそうですが、子供だってクッション性があって座りやすいシートを好みます。
長距離移動の時に座りっぱなしは、子供もつらいのは一緒なので、クッション性がどのくらいあるか確認するのがおすすめ。

これによって、子供もお出かけが楽しくなり、ジュニアシートにしっかりと乗ってくれること間違いなしですよ。

<下に続く>

おすすめの背もたれ付きジュニアシート

【ホールド感あり】GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR 3歳頃からロングユース 67170

サイズ 40 x 40 x 82 cm(梱包)
対象年齢 3歳から12歳
耐荷重 35.83 kg
カラー展開

欧州安全基準適合品のジュニアシートで、衝突時など頭をしっかりと守ることができるのでおすすめ。
カラーもブラックで、男女問わず楽しむことができるため、兄妹であってもお下がりして使用することができるおすすめ商品です。

ヘッドサポートは6段階で調整することができるため、子供の姿勢にああせていくらでもフィットさせることができて便利。
リクライニング機能もあるため、子供も長距離の移動で窮屈さがなくなりますからとても使いやすくおすすめですよ。

飲物を入れられる収納式カップホルダー付は子供もいつでも水分補給することができて、親の負担も減ること間違いなし。

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR 3歳頃からロングユース 67170
5979円

【1歳から使える】コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エアスルー GG

サイズ 71 x 44 x 31.8 cm(梱包)
対象年齢 12ヶ月 ~ 132ヶ月
耐荷重 36 Kg
カラー展開 黒・レッド

早い段階から使用することができるジュニアシートで、年齢に合わせて調整することができるのでおすすめ。
こちらはユニセックスのため、性別問わず使用することができ、通気性もいいため子供たちも使いやすいジュニアシートです。

クッション性も高く長時間座っていても疲れにくいのでおすすめで、コンパクトタイプですから、車の中でも幅をとる心配がありませんよ。
シートも選択することができるため、いつでも清潔できれいなジュニアシートを使うことができるので、管理しやすいのでおすすめです。

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エアスルー GG ブラック (1才頃~11才頃対象) 空気の循環構造「ココチエアー」で快適に
17799円

【がっちりタイプ】エールベベ 『安心トリプル保証付』サラット3ステップ クワトロST ALC248

サイズ 高さ66×幅44×奥行44cm
対象年齢 12ヶ月 ~ 132ヶ月
耐荷重 36 Kg
カラー展開 黒・グレー

ジュニアシートでシートベルトがとてもかけやすいのに、抜けにくくしっかりと子供の安全を守ってくれるおすすめ商品です。
成長に合わせて調整しやすいので、長く使用することができ、買い替えの頻度も少なくなるのでおすすめ。

エアーホールを採用しているため、通気性もよく体温管理が苦手な子供でも快適に使用することができます。

エールベベ 『安心トリプル保証付』サラット3ステップ クワトロST 1歳から11歳用ジュニアシート(軽量&通気性強化モデル) スカーレットブラック ALC248
14949円

【設定簡単】アイリスプラザ チャイルドシート ジュニアシート (1歳-12対象) 安全 ベビーシート 5段階調整 通気性抜群

サイズ 幅約45×奥行約37×高さ約71~81
対象年齢 1才頃~10才頃まで
耐荷重 36 Kg
カラー展開 黒・赤・青

1歳から使用することができるジュニアシートなら買い替えも少なくてとても便利でおすすめです。
ヘッドの高さ・肩ベルトの調整をすぐに行うことができるため、子供の成長度合いに合わせて利用しやすい作りになっています。

また、軽いジュニアシートのため親の負担が少なく、女性一人でも簡単に設置することができるのでおすすめですよ。
難しい作業もなく、シートベルトがしっかりと固定されたか音で確認することもできるため人気の商品です。

アイリスプラザ チャイルドシート ジュニアシート (1歳-12対象) 安全 ベビーシート 5段階調整 通気性抜群 ブラック
7980円

【ドリンクホルダー付き】アップリカ(Aprica) ジュニアシート 3歳頃から エアライド AB

サイズ W44.2 × D41.3 × H67.2~75 (cm)
対象年齢 36ヶ月 ~ 121ヶ月
耐荷重 36 Kg
カラー展開 スカーレットレッド

子供は車で寝ることが多いため、しっかりと頭をサポートしてくれるものを使用するのがおすすめです。
頭と首をしっかりとこちらのジュニアシートはサポートしてくれるから、安心して使用することができます。

メッシュシートにもなっているため、体温調整が苦手でもこれなら快適にジュニアシートの上にのっていることができるのでおすすめ。
ロング使用設計となっており、体が小さい子供でもしっかりと長く使用することができ、ドリンクホルダーも使いやすく、ドライブを楽しくさせてくれる商品です。

アップリカ(Aprica) ジュニアシート 3歳頃から エアライド AB スカーレットレッド RD 2049064
10990円

【頭もしっかり守る】コンビ シートベルト固定 チャイルド&ジュニアシート ジョイキッズ FK (3才頃~11才頃対象)

サイズ W45.2×D54.3~56.5×H63.6~73.3cm
対象年齢 36ヶ月 ~
耐荷重 36 Kg
カラー展開 メッシュネイビー

5段階のヘッドレス調整をすることができるジュニアシートのため、衝撃に強く子供をしっかりと守ることができるおすすめの商品です。
暑い夏のおでかけタイプのジュニアシートで、エアスルーシートはとても快適に車内で過ごすことができますよ。

ヨーロッパ統一規則連合品ですが、日本でもしっかりと安全に使用できるのでおすすめ。
座面部のみでも使用することができるため、成長に合わせて調整してみましょう。

コンビ シートベルト固定 チャイルド&ジュニアシート ジョイキッズ FK (3才頃~11才頃対象) メッシュネイビー 3歳~
10284円

<下に続く>

おすすめの座面のみのジュニアシート

【ロングユース設計】GRACO(グレコ) ジュニアシート コンパクトジュニア モードノアール 67151

サイズ W41×D41×H22(cm)
対象年齢 3歳から12歳
耐荷重 36 Kg
カラー展開

ウォッシャブルシートでいつでも簡単に洗うことができ、清潔さを保つことができます。
これなら、お出かけして汚れてしまった体で乗っても問題ありませんのでおすすめ。

さらに、ドリンクホルダーもあり、3歳から長く使用できるのでコスパも高く、子供の安全もしっかりと守ることができますよ。

GRACO(グレコ) ジュニアシート コンパクトジュニア モードノアール 67151
2550円

【シンプルデザイン】LEAMAN ジュニアシート リーマンジュニアEX

サイズ W420xD350xH210mm
対象年齢 3歳から10歳
耐荷重 36 Kg
カラー展開 黒・赤

ふかふかクッションで子供もリラックスしながら乗ることができるジュニアシートで、とても使いやすいです。
通気性・耐久性に優れたダブルラッセル生地を使用しているので、長く使用することができ、子供に壊されるという心配もありませんよ。

LEAMAN ジュニアシート リーマンジュニアEX ブラック 73209
2856円

【座り心地抜群】アップリカ シートベルト固定 Aprica ブースタージュニアシート マシュマロジュニアエアー サーモ(AB)

サイズ W46.0×D38.0xH23.0
対象年齢 36ヶ月 ~ 132ヶ月
耐荷重 36 Kg
カラー展開

マシュマロクッションによって座り心地がとてもよく、子供もドライブが楽しくなるものです。
おしりや太ももがフィットする立体座面なので、ずっと長く座っているのが苦手な子供も快適な時間を過ごすことができます。

アップリカ シートベルト固定 Aprica ブースタージュニアシート マシュマロジュニアエアー サーモ(AB) ブラック 3-4歳 (1年保証) 2079116
5184円

【ゆったりシート】ジュニアシート ブースターシート 3歳~12歳ロングユース 3点式シートベルト固定 通気性良い カバー洗濯可能 YKO

サイズ 41.3 x 36.5 x 21.1 cm(梱包)
対象年齢 3歳から12歳頃
耐荷重 36 Kg
カラー展開 グレー&ブラック

3D座面で人間工学に基づいて開発されているので、子供の安全をしっかりと守ることができます。
尻がピタッと吸い付くような感じのため、子供もリラックスした状態で移動をすることが可能ですよ。

ジュニアシート ブースターシート 3歳~12歳ロングユース 3点式シートベルト固定 通気性良い カバー洗濯可能 YKO
3199円

【通気性いい】シンセーインターナショナル kiss babyブースターシート

サイズ 40x35x16.5cm
対象年齢 3歳から
耐荷重 36 Kg
カラー展開 ブルー

ジュニアシートのカバーを簡単に取り外しすることができ、すぐに洗濯をすることができるので衛生面を守ることができます。
通気性もよく夏など暑い季節でも対応することができるため、ドライブをたくさん楽しむことが可能。

シンセーインターナショナル kiss babyブースターシート ブルー 通気性の良いメッシュ生地を採用
1780円

【優しくホールド】ネビオ ホールドピット HOLD Pit

サイズ 41c×46×22cm
対象年齢 48ヶ月 ~ 144ヶ月
耐荷重 36 Kg
カラー展開 グレー×ブラック

少し背もたれがあることで、子供の体を優しく包み込むことができるので、とても使いやすいです。
丸みを帯びた緩やかカーブによって、子供の負担を軽減してあげることができますから、ぜひ使ってみてくださいね。

ネビオ ホールドピット HOLD Pit グレー
3980円

<下に続く>

ジュニアシートのメリット

シートに乗せて子供を守ろう

取り付け

とにかくジュニアシートは、チャイルドシートと異なり軽くて、取り付けが簡単なのでおすすめ。
子供の成長に合わせて買い替えを毎回していたら、出費が多くなりますから、その都度パーツを外せて使えるものだと無駄になることがありません。

また、兄弟がいる場合、ある程度成長したのであれば、安価で取り付けが簡単なジュニアシートを購入するだけでいいため、計画的に購入するのがおすすめですよ。
種類も多くどのタイミングで買い替えないといけないのか、しっかりと考えてみましょう。

適合車が多い

ジュニアシートになると適合車が多くなるため、車種を考えなくても簡単に購入することができるのでおすすめ。
これなら、種類も多いため選びやすくなりますし、おすすめ商品をしっかりと取り入れて、子供の安全を守ることができるようになります。

難しいやり方がなく、選ぶものが増えるなら、しっかりと子供に適したおすすめ商品を探すようにしてみてください。

機能性が高い

背もたれがあるタイプのジュニアシートは、子供の体にしっかりとフィットさせることができ、また小物も置けるようなタイプがありますから機能性が高くおすすめ。
ブースターシートは、子供にとっては窮屈なものが減り楽になりますが、安全性が低くなりますし、年齢や身長に合わせて機能性の高いものを使用した方がいいですよ。

この基準を頭に入れておけば、おすすめ商品を厳選しやすくなりますから、ぜひ子供の成長に合わせて買い替えてみてください。

<下に続く>

ジュニアシートのデメリット

子供に負担を与えている可能性も

身長が足りないと危険になる

ジュニアシートは車に乗っているときに、子供を安全に守ってくれるものですが、実は身長が足りないと危険につながってしまうため、早くからはおすすめしません。
シートベルトを正しい場所に設置することができないため、いくら年齢が適合していても、身長が足りないと窒息する恐れも出てきてしまいます。

よって、いくらおすすめの商品であっても、必ず子供の身長や体重など、シートベルトを正しく設置することができるものか確認をしましょう。

脱出できる

チャイルドシートのように、ジュニアシートは簡易的になるため、子供も簡単にシートベルトを外すことができるようになってしまいます。
そのため、黙って車の中に乗っているのが苦手な子でしたら、簡易的なものはおすすめできません。

逆に車内で動き回り、危ないことになるため、シートの設置や車内ルールをきちんと決めることが大切です。
特に、背もたれがない場合のジュニアシートは、いつでもすぐに外すことができるため、聞きわけができる年齢までは取り入れないようにするのがおすすめ。

寝た時

長距離の移動をしているときに、子供は車の振動につられて寝ることが多いですよね。
子供の体にしっかりとフィットしたものを使用していないと、寝ている間にシートベルトで窒息する可能性が高くなるためおすすめできません。

よって、子供の身長はとても重要になってきますから、年齢が適合しているだけで、おすすめのジュニアシートを購入するのはやめてくださいね。

<下に続く>

ジュニアシートの注意点

使い方をしっかりと守って安全に

助手席

車を運転するとき、子供と1対1になることって多く、まだ年齢が低いと近くに置いて身の回りのことをすることが多いです。
ですが、ジュニアシートを助手席に置くことはおすすめできなく、急ブレーキなどでエアバッグが出てきたときに、窒息する恐れがあるため、メーカーも推奨していません。

よって、ジュニアシートを設置するときは後ろにしないと子供の安全を守ることができないため、気を付けてくださいね。

発育状況

子供は十人十色のため、成長も異なっており、おすすめのジュニアシートであっても、身長や体重がマッチしていないのであれば、使用することができません。
早い段階からジュニアシートを使用することができますが、適合しないとおすすめはできませんので、安全にしようすることができなくなります。

発育が早い子供もいれば、遅い子供もいますから、ジュニアシートに切り替えるのを早める心配が特にありませんよ。
おすすめの商品も子供の成長を確認しながら購入するようにしてくださいね。

取り外しが簡単すぎない

ジュニアシートになると子供でも簡単にシートベルトを外すことができるようになります。
そのため、走行中に外してしまう可能性も出てきてしましますから、ある程度の年齢になるまでは外しにくいものにするのがおすすめ。

これで、運転中でも子供の安全をしっかりと守ることができますから、ベルトの設置も確認してみてくださいね。

<下に続く>

ジュニアシートのお手入れ法

衛生面が気になる人は要チェック

ジュニアシートはお出かけの度に使用するものですが、外で遊んだ体のまま使い続けると汚れも気になりますよね。
簡単に洗えるイメージがありませんし、どのようにお手入れをすればいいのかわからない方も多いです。

パーツはばらせるところをすべて外し、シートは洗濯をすることができますし、スポンジは優しく手洗いすることで、きれいになるのでおすすめ。
ちょっと時間はかかりますが、これでジュニアシートをきれいにすることができるため、汚れが気になっていたらぜひ試してみてくださいね。

安全性を守ることができるおすすめのジュニアシートでも長く使用し続けるのであれば、衛生面も考えないといけませんので、定期的に洗濯をしてください。

<下に続く>

おすすめのジュニアシートを使ってお出かけを楽しんで

子供とたくさんお出かけするためにポイントを押さえよう

ジュニアシートのポイントが分かれば、選びやすくなりますので、子供にぴったりなものを探しやすくなりましたね。
おすすめ商品もたくさんありますし、目的に合わせてしっかりと選ぶようにしてみましょう。

これで、車で子供と一緒にお出かけが楽しくなりますし、しっかりと安全を守ることができるので、おすすめのジュニアシートを厳選して使ってみてくださいね。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line