sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!
2019/11/06

文房具のプロが愛用!本当に使えるボールペンのおすすめ29選

滋賀県東近江の本・文房具店文平堂の平井元さんにおすすめのボールペンについて教えていただきました!

ボールペンは普段からよく使うアイテムの1つです。
しかしたくさんの種類があって、どれを選んでいいかわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は文平堂の平井さん監修のもとおすすめのボールペンについて解説していきます!

Large chandler cruttenden 1487600 unsplash2
本記事のコメンテーター

100人アンケートで判明!100円のボールペンを使っている人が5割

ボールペンは安いものから高いものまで値段の幅が広いですよね。
ではいくら位のボールペンが使われていることが多いのでしょうか?

アンケートで調査してみました!

おすすめボールペンアンケートグラフ1

最も多かったのは「100円」くらいのボールペンを使っているとの回答。
ボールペンはお安くてもクオリティが高く使いやすいものが多いということでしょうか?

次に多かったのは「300円」くらいで、約3割の人がこの回答を選びました。
また「貰い物」を選択した人は13%で、記念品やノベルティのボールペンを使っているという人も一定数いるようですね。

<下に続く>

ボールペンの種類と特徴

特徴を把握してボールペンをおすすめ

身近なアイテムであるボールペンですが、実は馴染み深い油性・水性だけでなく様々な種類があります。
ここでは5つの種類のボールペンと、それらのメリット・デメリットについてご紹介します。

油性ボールペン

油性ボールペンは、インクの成分に油性の原料を使って作られたボールペンです。
油性ボールペンにはどのような長所短所があるのかご紹介します。

油性ボールペンの特徴

油性ボールペンは、水に強いです。
これは油性ボールペンの良い特徴ですね。

書いた紙がふやけるほど濡らしてしまっては耐えることができませんが、少々の水分なら滲むことなく書いた文字を鮮明に保つことができるのでおすすめです

一方、ボールペンのペン先にインク溜まりができやすい点はデメリットです。
一般的にボテと呼ばれる、厄介な物です。

このボテが乾ききらないうちに、手などでこすってしまって擦れることは、よくあることです。
大切な書類などに書いた文字が擦れるのは気になりますよね。

大切な書類がそのようなことになってしまわないように、油性ボールペンの特徴をきちんと把握して対策するべきでしょう。
ボテができないよう、字を書いている最中に別紙を用意してときどきインクを拭う、という作業を挟むとかなり改善するのでおすすめです。

大切な書類は慎重に扱いましょう。

水性ボールペン

水性ボールペンは、インクが水性のボールペンです。
普段よく使っているタイプのボールペンですが、細かくご紹介します。

水性ボールペンの特徴

水性ボールペンのおすすめポイントは、発色の良い物が多いことです。
スムーズな書き味が特徴です。

また油性ペンで問題だった、ボテがきでません。
水性ボールペンの方が油性ボールペンより、インクの粘度が低いからです。

ただし、水に弱く滲みやすいという特徴もあります。
大切な書類などへの記入には向いていません。

大切な文章が読めなくなってしまっては大変ですよね。
しかしイラストのカラーリングなどには、いろいろな変化をつけることが可能な水性ボールペンはおすすめしたい種類のボールペンです。

ジェルボールペン

ジェルボールペンは、インクが水性のボールペンです。
どのような特徴があるのか、見てみましょう。

ジェルボールペンの特徴

書く瞬間だけ粘度が低くなって書きやすくなるのが、ジェルボールペンです。
ボールペン内にインクがあるときや、書いた後のインクはまた粘度が増して擦れにくくなります。

軽く書くことができて、速乾性があるという点がおすすめです。
軽い書き心地は水性ボールペンの特徴ですが、ジェルボールペンには水性ボールペンにはない耐水性もあります。

メリットばかりのようですが、インクが減るスピードが速いというデメリットもあります。
一度にたくさん書く必要があるときは、心配ですね。

局所的に使用するのには、もってこいのおすすめボールペンです。

エマルジョンボールペン

油性と水性を混ぜて作られたインクを使ったボールペンが、エマルジョンボールペンです。
エマルジョンボールペンとはどのようなボールペンなのかご紹介します。

エマルジョンボールペンの特徴

このエマルジョンボールペンは、その名前を聞いたことがない方もいらっしゃいますよね。
最近開発されたばかりの新しい技術を使ったボールペンなのです。

その正体は、水性・油性ボールペンの長所だけを合体したボールペンです。
水性・油性インクの2種類を、油性インクの方が多い割合になるように混ぜて作られています。

水と油なので、特別な技術を使って混ぜていることが分かりますよね。
エマルジョンボールペンは、水性ペンのような発色の良さを持っています。

水性ボールペンのような書き心地で、水に強い特徴もあるのでおすすめです。
しかも、インクの減りがゆっくりという特徴もあります。

最新のボールペンということで、大変魅力的でおすすめの商品です。

消せるインクボールペン

熱を加えると書いた字が消えるインクを使ったボールペンが、消せるインクボールペンです。
どのようなときにおすすめなのか、見てみましょう。

消せるインクボールペンの特徴

消せるインクボールペンのわかりやすい特徴は、その名前が表す通り、一度書いたものを消すことができることです。
ボールペンに付いている消しゴム部分で書いたものをこすると、きれいに消すことができます。

これは、ボールペンに摩擦熱で消えるインクを使っているためです。

書き間違えても簡単に消せて書き直しができるのはメリットですが、勝手に変えられては困る内容の書類には向いていないのです。
金額などを改ざんされては大変ですよね。

一方、学校の授業などには便利でおすすめです
鉛筆よりはっきりとした字を書くことができるのに、鉛筆のように消しゴムで消すことができるのです。

しかもこすって摩擦熱で消すので、消しかすが散らかる心配がない点もおすすめポイントです。

<下に続く>

ボールペンの選び方

ボールペンを選ぶポイントは人によってさまざま。
では何を重視してボールペンを選ぶ人が多いのでしょうか?

アンケートで調査してみました!

おすすめボールペンアンケートグラフ2

最も多かったのは「描き心地」の回答。
書き心地は疲れやすさにも関わるので重視している人が多いのではないでしょうか?

続いて多かった回答は「芯の太さ」でした。
ボールペンの芯の太さによって文字の見やすさが変わるのでこちらも大切なポイントですね。

ボールペンの種類

上で5つのボールペンの紹介をしたように、使う用途や状況によって必要なボールペンは変わります。特徴を最大限に活かせるボールペンを選ぶことは大切なのです。
それぞれのボールペンを活かせる状況を表にまとめました。

種類 特徴 具体的な例
油性ボールペン 消えずらい・耐水性 洗濯が必要な衣服・長期的に使用する資料
水性ボールペン 発色が良い・カラーバリエーションが豊富 便箋・イラスト
ジェルボールペン 速乾性・耐水性あり 履歴書
エマルジョンボールペン 発色が良い・インクの減りがゆっくり イラスト・学生のノート
消せるインクボールペン 文字が消せる 手帳・メモ

インクのタイプ

どのような用途で使うのかによって、どのインクが適しているかは変わります。

長期保存する必要がある書類などの場合は、油性インクのボールペンがおすすめです。

イラストの色塗りなどは、水性ペンを使うといろいろなバリエーションの作品ができます。わざと水で滲ませるのも、おしゃれでおすすめの手法です。
種類によっては、ぺったりした質感の仕上がりになるものもあるので、マットな仕上がりの作品を作ることもできます。

仕上げたい風合いに合った水性サインペンを見つけましょう。

授業の板書をノートに書き写すときには、消せるインクのボールペンがおすすめです。
鉛筆やシャープペンシルで書くより、鮮明で読みやすい文字を書くことができます。

しかも間違えたときは消せるので、授業中おすすめなのです。

ペン先の太さ

ペン先の太さも用途で決めましょう。

小さな手帳などに書き込む場合は、小さな字でも書けるペン先の太さのボールペンがおすすめです。
小さな文字でも、つぶれてしまうことなく書きたいですよね。

細かい絵のぬりえを楽しむ場合は、細いボールペンがおすすめです。
鮮やかなボールペンの色が細かいぬりえに映えますよ。

大きな紙にイラストを描いたり、ポスターを作製したりするときは太いボールペンをおすすめします。
ペン先の細いボールペンは、大胆に使用するとペン先にダメージが出て、かすれてしまう場合があります。

また広範囲で使用するときは、インクの減り方にも気を付けましょう。
ジェルボールペンを選択すると、あっという間になくなってしまう場合があるので注意が必要です。

書き心地

たくさん文字を書くときは、滑らかさが重要なポイントになります。
滑りが悪いと早く疲れてしまいますよね。

またどのような材質のものに書くかにも気を付けましょう。
普通紙なのか、段ボールのような材質なのか、つるつるしたものなのかで、求められる書き心地は変わります。

書き心地についても、まず用途をよく考えることが大切です。
書き心地の好みは人それぞれなので、試し書きをすることをおすすめします

後悔のない買い物ができますよ。

握りやすさ

持つところは細すぎても太すぎても、持ちやすいとは言えません。
その人の手にあった太さを選ぶことがおすすめです。

実際に持って、握りやすさを試してみるのが間違いのない選び方です。
グリップ部分が、ボールペンを持った時の手の形に沿うようなデザインのボールペンもあります。

たくさん字や絵をかくためのボールペンを選ぶ場合は、握りやすさに特に気を付けて探すことをおすすめします。

文房具店がおすすめするボールペンの選び方

文平堂の平井さんにボールペンを選ぶ際のおすすめポイントについて教えていただきました!

平井元のコメント
ボールペンは、インクの種類で書き心地と詰め替えの頻度が大きく変わります。
まずは、自分にあったインクを見つけ出すことからはじめましょう。
ジェルインクはさらさらとしたなめらかな書き味です。濃くてにじまず鮮やかな発色の仕様となっており大変人気です。

グリップ部分の持ちやすさなどにばかり気を配っていたという方も多いのではないでしょうか。

実はインクによってかなり書いた感じが異なりますので自分にあったインクを探すという意味でも色々試してみるとよいでしょう。

平井元のコメント
二つ目は、芯の太さです。主に、0.3~1.0mmまであり、ご自身にあった芯の太さをお選びいただくことで文字の綺麗さと書きやすさは大きく変わってきます。

普段書くスペースや自信の字の大きさなどでこれらはかなり変わってきますので試し書きが可能な店舗では必ず自分の自体とあっているかを確認しましょう。

<下に続く>

おすすめのボールペン17選

null

ここからは、おすすめのボールペンを紹介していきます。種類別に紹介する他に文房具店や、我々編集部がおすすめするボールペンも紹介しているので、ぜひご覧ください。

文房具店がおすすめするボールペン

インクの種類や芯の太さについてのアドバイスを文平堂の平井さんよりいただきました。

では実際にどのような商品がおすすめなのかを紹介していきます。

サラサクリップ

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.5 10色 JJ15-10CA
587円

メーカー 芯の太さ
ゼブラ 0.3~1.0mm
平井元のコメント
ジェルインクを使用しておりさらさらとした書き心地で大変人気です。

また全56色の色のバリエーションと0.3~1.0mmまでの芯の太さも自分好みに選べるのもこの商品の特徴です。

逆にデメリットとしては、ジェルインクは他のインクと比べて、かなり消耗が激しいインクになります。

ボールペンの使用頻度が高い方は2週間に一度は交換が必要になってくるケースもございます。

やはり根強い人気を誇るサラサがおすすめです。

スタイルフィット

三菱鉛筆 スタイルフィット 3色ホルダー マイスター 回転式 レッド UE3H1008.15
650円

メーカー 芯の太さ
uni(三菱) 回転式により様々
平井元のコメント
上記のサラサクリップと同様のインクを使用。名前の通りスタイリッシュなボディが人気の秘密です。筆箱の中でもかさばらず、使い勝手が良いボールペンになります。

回転式で複数の色を使えるタイプはとても便利ですので学生を中心に人気商品なのではないでしょうか。

おすすめの油性ボールペン

油性ボールペンはおすすめポイントたくさん

消えずらく耐水性もあるため、洋服の名前を書いたり長期的に使用する資料への記入に適する油性ボールペン。おすすめの商品を5品紹介します。

【疲れにくい】①ゼブラ 油性ボールペン ジムノック 0.7 黒 5本 P-KRB-100-BK5

ゼブラ 油性ボールペン ジムノック 0.7 黒 5本
356円

オフィスなど、事務的な場面でおなじみの商品です。
誰もが一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

オフィスではもちろん、自宅使いにもおすすめですよ。
5本入りなので、たっぷり使うことができます。

サイズ 最大径11.6ミリ×全長140.1ミリ
芯の太さ 0.7ミリ
価格 77円/本

【小さな字も書きやすい】②三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム 0.38 黒 5本 SXN150385P.24

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム 0.38 黒 5本
538円

芯が細い油性インクのボールペンです。
このシリーズは人気で、愛用している方が多いですね。

良い口コミが多いので、買って後悔はないでしょう。
替芯もあるので、リピートしやすいのもおすすめポイントです。

サイズ 最大径11.3ミリ×全長139.6ミリ
芯の太さ 0.38ミリ
価格 108円/本

【かすれない】③トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス 0.7 フルブラック BC-AP12

トンボ鉛筆 加圧式油性ボールペン エアプレス 0.7 フルブラック
432円

書くときのインクの出方に新しい技術を使ったボールペンです。
書く際インクを押し出す機能があるのです。

仰向けに寝転がった状態でボールペンを使うと、一般的にはインクに隙間ができてしまいます。
この加圧式油性ボールペンは、インクを押し出しながら書くことができるので、その隙間ができにくくなります。

いろいろな体勢で文字を書く必要のある方におすすめのボールペンです。

サイズ 全長122ミリ
芯の太さ 0.7ミリ
価格 452円

【上品な印象】④パーカー ボールペン 油性 IM ラックブラックGT AP014579 S1142332 正規輸入品

パーカー ボールペン 油性 IM ラックブラック
1800円

ボールペンにしては高価な価格ですが、その価値のあるボールペンです。
パーカーというのは、古くからあるブランドなのです。

特別な1本として持ち歩くのにおすすめのボールペンですよ
その人のステータスを示すようなボールペンになるでしょう。

サイズ 最大径11ミリ×全長140ミリ
芯の太さ 0.8ミリ
価格 2316円

【滑りにくいグリップ】⑤ニトムズSTALOGY 低粘度油性ボールペンS5110

ニトムズSTALOGY 低粘度油性ボールペン
702円

インクの粘度を低くして、書きやすさにこだわったボールペンです。
また持つ部分に滑りにくい加工がされ、形状にも持ちやすさを考えた工夫があります。

粘度が高く、少々スムーズではない書き心地が特徴の油性ボールペンですが、粘度を低くしたこのSTALOGYなら軽い書き心地を感じることができそうです。

軽い書き心地の油性ボールペンを探している場合、STALOGYはおすすめの商品です。

サイズ 最大径10ミリ×全長139ミリ
芯の太さ 0.7ミリ
価格 702円

以上の商品を表にまとめました。

種類 サイズ 芯の太さ 価格
最大径11.6ミリ×全長140.1ミリ 0.7ミリ 77円/本
最大径11.3ミリ×全長139.6ミリ 0.38ミリ 108円/本
全長122ミリ 0.7ミリ 452円
最大径11ミリ×全長140ミリ 0.8ミリ 2316円
最大径10ミリ×全長139ミリ 0.7ミリ 702円

おすすめの水性ボールペン

水性ボールペンは水に弱いけどおすすめできる

発色が良くカラーバリエーションも豊富なため、イラストなどに適している水性ボールペン。おすすめの商品を5品紹介します。

【持ちやすい】①トンボ鉛筆 水性ボールペン ZOOM 505bwA 0.5 アズールブルー BW-2000LZA44

トンボ鉛筆 水性ボールペン ZOOM 505bwA 0.5
1304円

安い商品ではありませんが、ZOOMには事務用ボールペンとは違った高級感があります
長時間使う場面でも、疲れにくいよう設計されており、実用性も兼ねています。

事務仕事で使用して、そのまま大切な会議などでも使用することができるのでおすすめです。
ただし水性ボールペンなので、契約書などへのサインには向いていません。

サイズ 最大径17ミリ×全長138ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 1418円

【しっかりホールド感】②トンボ鉛筆 水性ボールペン ZOOM 505bw 0.5 BW-2000LZ

トンボ鉛筆 水性ボールペン ZOOM
1240円

太いグリップが、ボールペンを持ちやすくしてくれるのでおすすめです。
芯の太さは0.5ミリと一般的なので、幅広い場面で使用することができます。

キャップ付きのボールペンなので、ノック式ボールペンにはない高級感がありますね。

サイズ 最大径17ミリ×全長138ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 1290円

【コスパ良し】③パイロット 水性ボールペン Vコーン LVE-10EF-B 10セット ブラック

パイロット 水性ボールペン Vコーン LVE-10EF-B 10セット ブラック
852円

たくさん入っていて、価格が安いのが魅力の商品です。
安いだけではなく、品質も良いのでおすすめです。

さらっとした書き心地で、インクを最後まで使い切ることができます。
昔からある安定の人気商品で、しかも安いので一度試してみましょう。

サイズ 最大径11.3ミリ×全長135ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 86円/本

【適度な細さ】④ぺんてる 水性ボールペン ボールぺんてる B100-AD 10本 黒

ぺんてる 水性ボールペン ボールぺんてる B100-AD 10本 黒
672円

1972年からある、かなり歴史の深いボールペンです。
一見サインペンのようなルックスですが、ボールペンなのです。

細すぎないので、優しい印象の文字を書くことができます。
長年のファンもいる、安定感のあるボールペンなのでおすすめですよ。

サイズ 最大径15ミリ×全長136ミリ
芯の太さ 0.6ミリ
価格 68円/本

【インクなめらか】⑤ぺんてる 水性ボールペン ハイブリッド0.5mm黒 K105-GA 10本

ぺんてる 水性ボールペン ハイブリッド0.5mm黒 K105-GA 10本
700円

ハイブリッドは本体は細いですが、握る部分に滑り止めが付いているので持ちやすくなっています。
本体が透明なので、中のインクが透けて見えます。

インクの減りが一目でわかるので便利でおすすめです。
10本入りなので、オフィスなどで使用する場合も安心です。

サイズ 最大径14ミリ×全長151ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 108円/本

以上の商品を表にまとめました。

種類 サイズ 芯の太さ 価格
最大径17ミリ×全長138ミリ 0.5ミリ 1418円
最大径17ミリ×全長138ミリ 0.5ミリ 1290円
最大径11.3ミリ×全長135ミリ 0.5ミリ 86円/本
最大径15ミリ×全長136ミリ 0.6ミリ 68円/本
最大径14ミリ×全長151ミリ 0.5ミリ 108円/本

おすすめのジェルボールペン

速乾性があり、滲む心配がないため履歴書の記入などに適しているジェルボールペン。おすすめの商品を5品紹介します。

【安定の書きやすさ】①ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.5 黒 5本 P-JJ15-BK5

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.5 黒 5本
280円

サラサクリップは、クリップが付いているので持ち運びに便利なのでおすすめです。
ポケットやバインダーに挟んで使用することができるので、素早く使うことができます。

また紛失してしまう心配も減ります。
キャップを外す手間もないので、素早い筆記に役立ちますよ。

サイズ 最大径11ミリ×全長141ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 69円/本

【スタイリッシュ】②ゼブラ ジェルボールペン サラサグランド 0.5 ネイビー P-JJ55-NV

ゼブラ ジェルボールペン サラサグランド 0.5 ネイビー
497円

サラサグランドは、サラサクリップに高級感をプラスしたボールペンです。
使用感はサラサクリップのようで、安心なのでおすすめです。

また替芯が発売されているので、高級感のある本体はそのまま使用し続けることができます。
ちょっとした贈り物にするのにも最適なデザインですよ。

サイズ 最大径10.3ミリ×全長144ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 497円

【おしゃれなデザイン】③三菱鉛筆 ゲルボールペン ピュアモルト 0.5 UMN515.22 ダークブラウン

三菱鉛筆 ゲルボールペン ピュアモルト 0.5
348円

グリップ部分に使われた木の質感が魅力のボールペンです。
値段より高級感を感じることができるのではないでしょうか。

見た目だけではなく、書くのにちょうど良い重さを、木を使うことで実現しています。
仕事や普段使い、幅広い用途におすすめです。

サイズ 最大径13.2ミリ×全長145ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 532円

【すっきり収まる】④ゼブラ ジェルボールペン サラサグランド 0.5mm 限定色 ボルドー JJ55-AZ-BO

ゼブラ ジェルボールペン サラサグランド 0.5mm
1080円

サラサグランドの限定色です。
ボルドーということで、ワインレッドが美しいボールペンですね。

色が変わるだけで高級感が増します。
替芯はサラサクリップと同じ物なので、気軽に替えることができます。

長年愛用するのにふさわしい高級感と、使い勝手の良さがおすすめポイントです。

サイズ 最大径13ミリ×全長144.4ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 1080円

【太字】⑤ぺんてる ゲルインキボールペン エナージェルユーロ1.0mm黒 5本 XBL30-A

ぺんてる ゲルインキボールペン エナージェルユーロ1.0mm黒 5本
918円

本体が軽いので、たくさん書いても疲れにくいデザインです。
また、インクの乾きが早いのも特徴の1つです。

手などで擦れてしまう心配がないので、左利きの方にもおすすめですよ。

サイズ 最大径45ミリ×全長200ミリ
芯の太さ 1.0ミリ
価格 184円/本

以下の商品表にまとめました。

種類 サイズ 芯の太さ 価格
最大径11ミリ×全長141ミリ 0.5ミリ 69円/本
最大径10.3ミリ×全長144ミリ 0.5ミリ 497円
最大径13.2ミリ×全長145ミリ 0.5ミリ 532円
最大径13ミリ×全長144.4ミリ 0.5ミリ 1080円
最大径45ミリ×全長200ミリ 1.0ミリ 184円/本

おすすめのエマルジョンボールペン

発色が良く、インクの減りもゆっくりなため、勉強のノートなどに適しているエマルジョンボールペン。おすすめの商品を5品紹介します。

【ぶれにくい】①ゼブラ エマルジョンボールペン ブレン 0.5mm 軸色白/インク[黒/青/赤]/軸色黒[インク黒]/軸色グレー[インク黒] BAS88-W/BL/R/BK/GY 5色5本組み

ゼブラ エマルジョンボールペン ブレン 0.5mm 5色5本組み
822円

インクの色も、本体の色もアソートになった、珍しいセット商品です。
新学期の文具を買い揃える際、一度に済むので便利ですよ。

ただし書き心地の好みには個人差があるので、試し書きをしてからセット商品を購入することをおすすめします。

サイズ 最大径11.8ミリ×全長143.6ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 165円/本

【なめらかな書き心地】②Zebra エマルジョンインク ボールペン Surari 300 0.5mm ポイント ピンクの本体(BAS38-P)

Zebra エマルジョンインク ボールペン Surari 300 0.5mm
258円

本体のメタルが目を引くボールペンです。
替芯もあるので、長く愛用することができます。

書きやすくておしゃれなボールペンで、スタイリッシュに仕事をしましょう。
普段使いも、気分が上がるのでおすすめですよ。

サイズ 最大径9.8ミリ×全長141.6ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 422円

【やや太め】③ゼブラ 油性ボールペン スラリ 0.7 黒 5本 P-BN11-BK5

ゼブラ 油性ボールペン スラリ 0.7 黒 5本
376円

筆圧があまり高くない方もきれいに書くことができるボールペンです。
もともと力が弱い方は、筆圧を高くして書くとすぐに手が疲れてしまいますよね。

そんな方にはこのスラリがおすすめです。
少しの力できれいに字を書くことができるでしょう。

サイズ 最大径11ミリ×全長140ミリ
芯の太さ 0.7ミリ
価格 87円/本

【シンプルなのにかわいい】④となりのトトロ エマルジョンボールペン フィラーレ ef 0.5

となりのトトロ エマルジョンボールペン フィラーレ ef 0.5
2882円

ジブリのかわいいイラストが印象的なボールペンです。
しかもかわいいだけではなく、ゴールドが大人のおしゃれ感を出しています

職場によっては、仕事中に使用することもできますね。
芯の太さは0.5ミリと一般的で、いろいろな場面で使用することができるのでおすすめです。

サイズ 最大径10ミリ×全長145ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 2882円

【手帳用に】⑤ゼブラ プレフィールN エマルジョンボールペン BA7‐FB ブルーブラック 【3本】

ゼブラ プレフィールN エマルジョンボールペン
2630円

細い本体がスタイリッシュなボールペンです。
スーツのポケットなどから見えていても、まったく違和感のない高級感ですよ。

しかもノック式なので、キャップを外す手間がありません。
いざというとき、すぐに書けるのでおすすめです。

サイズ 不明
芯の太さ 0.5ミリ
価格 877円/本

以上の商品を表にまとめました。

種類 サイズ 芯の太さ 価格
最大径11.8ミリ×全長143.6ミリ 0.5ミリ 165円/本
最大径9.8ミリ×全長141.6ミリ 0.5ミリ 422円
最大径11ミリ×全長140ミリ 0.7ミリ 87円/本
最大径10ミリ×全長145ミリ 0.5ミリ 2882円
- 0.5ミリ 877円/本

おすすめの消せるボールペン

消せるボールペンは消せるからおすすめ

ボールペンとしては革命的な「消せる」という機能。消すことが頻繁にあるメモ帳におすすめな消せるボールペンのおすすめ商品を5品紹介します。

【うれしい3色】①パイロット 消せる3色ボールペン フリクションボール3 0.38 グレー P-LKFB-60UF-GY

パイロット 消せる3色ボールペン フリクションボール3 0.38 グレー
1320円

この消せる3色ボールペンは、クリップ部分の強さが特徴です。
頻繁に使用しても壊れる可能性が低いのです。

日常的に高い頻度で使う場合におすすめですよ。
またこの消せる3色ボールペンは芯が細いので、細かい字を書くことができます。

便利に使うことができる場面が多そうですね。

サイズ 最大径13.8ミリ×全長145ミリ
芯の太さ 0.38ミリ
価格 1320円

【ミッキーデザイン】②三菱鉛筆 消せる3色ボールペン ユニボールRE3 0.5 ミッキー URE3600D05.MC

三菱鉛筆 消せる3色ボールペン ユニボールRE3 0.5 ミッキー
378円

ミッキーデザインがかわいいボールペンです。
学校の授業で使用すれば、やる気もでそうですね。

替芯も発売されているので、なくなった色だけ補充することが可能です。
無駄がなくておすすめですよ。

サイズ 最大径12.7ミリ×全長153.7ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 523円

【スリムで細い】③パイロット フリクションボールスリム 0.38mm ブラック LFBS-18UF-B

パイロット フリクションボールスリム 0.38mm ブラック
126円

最小限のサイズを実現したボールペンです。
小さなペンケースで、最低限の筆記用具のみを持ち歩きたい方におすすめです。

クリップ部分もなく、ひっかかりがないのでとてもスリムです。

サイズ 最大径9ミリ×全長140ミリ
芯の太さ 0.38ミリ
価格 266円

【定番】④パイロット フリクションボール ノック 0.5mm ブラック LFBK-23EF-B

パイロット フリクションボール ノック 0.5mm ブラック
161円

フリクションボール ノックは、よく見るモデルのフリクションボールペンですよね。
替芯があるので、たくさん使う場合も安心でおすすめです。

用途をよく考えて、使用しましょう。
書いた後の書類を長期保管すると、字が消えてしまう場合があります。

サイズ 最大径11.1ミリ×全長146ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 290円

【使い勝手抜群】⑤4色ボールペン フリクションボール4 0.5mm【ピンク】 LKFB-80EF-P

4色ボールペン フリクションボール4 0.5mm【ピンク】
587円

3色だと不足の場合もあるかもしれませんが、4色あると困ることは少なそうですね
いろいろな色を使い分けて、楽しむことができます。

持つ部分に滑り止めが付いていて、書きやすさにも配慮されているのでおすすめです。

サイズ 最大径 13.8ミリ×全長145ミリ
芯の太さ 0.5ミリ
価格 713円

以上の商品を表にまとめました。

種類 サイズ 芯の太さ 価格
最大径13.8ミリ×全長145ミリ 0.38ミリ 1320円
最大径12.7ミリ×全長153.7ミリ 0.5ミリ 523円
最大径9ミリ×全長140ミリ 0.38ミリ 266円
最大径11.1ミリ×全長146ミリ 0.5ミリ 290円
最大径 13.8ミリ×全長145ミリ 0.5ミリ 713円

編集部おすすめのボールペン

ここからは編集部が注目するおすすめのボールペンを紹介します!
新商品や話題の商品をピックアップしているのでぜひ参考にしてみてください!

stilform

null

株式会社Glotureが、2019年夏に新発売した高級ボールペン。iFデザイン賞やred dot賞など権威のある賞を受賞しており、すでに世界的に評価されています。

魅力はスタイリッシュな見た目だけでなく、キャップを動かすだけでペンのロックが解除される磁気ロックや、硬度の高いタングステン素材のチップ部、カラーバリエーションもAluminiumモデルは6種、TItaniumモデルは2種と豊富です。

これ1本持っておけば、あらゆる場面で活躍する万能ボールペンと言えるでしょう。

スマートボールペン「インフォ」INF10

null

株式会社キングジムから2019年6月14日(金)より発売された新商品。Bluetoothでスマートフォンと連携し、電話や、メール、LINEなどの通知をペンのディスプレイへの表示やバイブレーションなどで知らせてくれます。受信した通知は最大40件自動で保存され過去の通知を遡ることもできます。

また、ボールペンにあるタッチボタンで、曲の再生やカメラのシャッターなど、スマートフォンを操作することができます。もちろん、赤と黒2色のインクが出て、ボールペンとしての役割もしっかり果たします。

スマホ操作機能が搭載されたボールペン。情報の行き交うネット社会に生きる我々にはこれからもますます需要が高まる商品になりそうです。

価格 ¥12,000 +消費税
サイズ 約φ14×150(H) mm
注意事項 充電時間 :45分
<下に続く>

ボールペンのインクが出なくなった時の対処法

お気に入りのおすすめボールペンを修理する
まだインクが残っているのに、書けなくなったことはありませんか。
そのまま捨ててしまうのはもったいないですよ。

ちょっとしたことでまた書けるようになる、簡単でおすすめの方法があります。
折りたたんだティッシュに、ボールペンでやさしく線を書くだけです。

これを10秒間程続けると効果的です。
このようにボールペンの先で固まっているインクを除去することで、復活する場合があります。

インクの中に隙間ができてしまって書くことができなくなった場合は、熱することが有効な方法です。
お湯やドライヤーで熱を加えてみるのがおすすめの方法です。

お気に入りのボールペンは簡単に捨てるのではなく、適切な対処をして長く愛用することをおすすめします。

また文平堂の平井さんからもアドバイスをいただきました。

平井元のコメント
まずは、インクが切れていないか確認しましょう。それでもインクがでないときは、最寄の文房具店に相談にいきましょう。お店によっては、メーカーさんに連絡してもらい交換もしくは修理に出してくれます。

初期不良の場合は交換してくれるケースもありますのでインクがきれていないのに出なくなってしまった場合はお店に相談もしてみてください。

<下に続く>

用途に合わせてお気に入りのボールペンを見つけよう!

たくさんのおすすめから1本のボールペンを選ぶ
自分に合ったボールペンを見つけて愛用しましょう。
ボールペンによって書く字の雰囲気も変わります。

どのような字を書くかによって、その人の印象を変えてしまうこともあるのです。
字を書く場面は、意識してみると意外に多いものですよね。

ボールペンは日常的によく使うアイテムです。
この記事でご紹介したおすすめ商品を参考にして、ぜひ運命のボールペンに出会ってくださいね。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line