sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!
2019/06/17

スマートレターなら全国一律180円で送れる!使い方とレターパックとの違いを解説

スマートレターを利用したことがありますか?
規定を満たせば、全国一律180円で送れるという郵便局のサービスなんです。

レターパックの方が有名ですが、その違いが判らないという人も多いはず。
そこでレターパックとの違いやスマートレターの有効な使い方を紹介します。

Large communication 3671504 1920  1

スマートレターとは

!スマートレターとは](https://image.minnkane.com/postimage/image/19685/largepostcard-348049019201.jpg)

スマートレターは、A5サイズで厚さは2㎝まで重さは1kgまでは全国一律料金の180円で送れます。
日本郵便のサービスの一つで、信書も遅れるというのがポイントの一つです。

信書とは、請求書・会議招集通知・書状・許可証・証明書・ダイレクトメールなどをさします。
ゆうパックやゆうメール、ゆうパケット、クリックポストでは信書は送れないことになっています。

なので、信書が送れるスマートレターは場合によっては価格も180円と安くとても便利に有効に使うことができます。

<下に続く>

スマートレターに適した荷物

スマートレター適したもの

スマートレターはA5サイズと、そんなにサイズが大きくありません。
だから180円と送料が安いのです。

そして厚さも2cmまでなので、そんなに厚いものは送ることができません。
スマートレター、180円で送るのに適した荷物としてあげられるのは以下のようなものになります。

  • ビジネス書類の送付
  • CD、DVD
  • 文庫本
  • コンサートチケット
  • トレーディングカード

などに使うことができます。

ビジネス書類以外では、オークションサイトでの取引で送料を安く済ませたい場合には全国どこでも180円で送ることができるのでとても有効です。

<下に続く>

レターパックとスマートレターの違い

レターパックとスマートレター

レターパックとスマートレターの違いを紹介します。
レターパックには、レターパックプラスとレターパックライトがあるのでその違いも紹介します。

スマートレター レターパックライト レターパックプラス
サイズ 25cm×17cm(A5サイズ) 34cm×24.8cm(A4サイズ) 34cm×24.8cm(A4サイズ)
厚さ 2cmまで 3cmまで 3cm超えてもOK
重さ 1kgまで 4kg以内 4kg以内
料金 180円 360円 510円
購入場所 郵便局・コンビニ・WEB 郵便局・コンビニ・WEB 郵便局・コンビニ・WEB
出せる場所 郵便局の窓口・ポスト 郵便局の窓口・ポスト 郵便局の窓口・ポスト
配達方法 ポスト投函 ポスト投函 対面で、受取の印が必要
追跡サービス なし あり あり

となります。
大きく違うのが追跡のあるなしと料金、そして厚さ、重さです。

スマートレターは、A5サイズで厚さ2cm、1kgまでのものしか送れません。
レターパックライト・レターパックプラスは、A4サイズで重さは4kg以内、レターパックライトは厚さが3cmまでと決まっています。

どちらも郵便局やコンビニで販売しており、出せる場所も郵便局の窓口かポストと決まっています。
受取はレターパックプラスのみ、受領印か署名が必要であとは受取もポスト投函可能となっています。

送るもののサイズによって、替えるといいですが小さくて軽いものは断然価格が180円と安いスマートレターで送るのがお得でしょう。

レターパックについては、以下のサイトでも詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。
レターパックライトの使い方を解説!レターパックプラスとの違いや追跡方法など紹介レターパックライトとは p-twitter:(https://twitter.com/Min...

<下に続く>

スマートレターの発送方法

スマートレター発送方法

スマートレターの発送方法を紹介します。
購入から発送までを詳しく紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

  1. 郵便局やコンビニなどでスマートレターを購入する
  2. 宛先と差出人を記入する
  3. 荷物をスマートレターに入れる
  4. 郵便局に持ち込むかポストに投函する

の4つです。
それぞれを詳しく紹介します。

手順①郵便局やコンビニなどでスマートレターを購入する

スマートレターを郵便局やコンビニ、郵便局のネットショップで180円で購入します。
封筒代も込みで180円なので、とても安いです。

しかも、郵便局だけでなくコンビニでも180円で買えるので24時間買うことができます。
ネットショップで購入すれば自宅にもってきてもらうことも可能です。

とても便利に180円と安く利用することができます。

スマートレターが買えるコンビニについては、こちらの記事でも詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。
スマートレターを買えるコンビニは意外と少ない?買える場所とポイントも紹介スマートレターとは スマートレターとは郵便局が提供する郵送サービスの1種です。
メルカリやヤ...

手順②宛先と差出人を記入する

スマートレターには、宛先と差出人を記入する場所があるので、そこに宛先と差出人を記入します。
間違いのないように記入するようにしましょう。

手順③荷物をスマートレターにいれる

送る荷物を中に入れます。
スマートレターに入るものは、A5以内、厚さ2cmまで、重さ1kgまでなのでその決まりを守って荷物をいれるようにしましょう。

手順④郵便局に持ち込むかポストに投函する

スマートレターの投函方法は、郵便局に持ち込んで窓口でお願いするかポストに投函するかの2択になります。
ポストに投函できるので、手軽にスマートレターを出すことができます。

最初に封筒を購入するときに180円支払っているので、切手代を別に払う必要はありません。
そのままポストに投函しても大丈夫です。

<下に続く>

スマートレターがレターパックと異なる点

スマートレター相違点

スマートレターとレターパックが似ていて、わからないという方も少なくありません。
そこでスマートレターと、レターパックの大きく異なる点について紹介していきます。

  1. 追跡サービスがない
  2. 日曜祝日の配達がない
  3. 配達日数がレターパックよりもかかることがある

の3点です。
もう少し詳しく紹介していきます。

注意点①追跡サービスがない

スマートレターには追跡サービスがついていないというのがレターパックと異なる点です。
レターパックはライトでも追跡がついているのにたいしてスマートレターには追跡がありません。

価格が180円と安いので追跡がついていないのも仕方がないところです。
フリマサイトなどで利用する際は、180円と送料は安いですが追跡がない旨を一言伝えてあげると親切かもしれません。

注意点②日曜祝日の配達がない

レターパックプラス・レターパックライトは、急ぎの郵便として扱われ日曜・祝日の配達があります。
しかし、スマートレターは180円と発送料金が安いため普通の郵便と同じように扱われます。

そのため日曜・祝日の配達はありません。
週末に発送日が重なるときには、日数が通常よりかかることを理解した上で利用するといいでしょう。

注意点③配達日数がレターパックよりもかかることがある

上でも紹介したように、スマートレターは180円と料金が安いため、普通の郵便として扱われるので平日と土曜の配達しかありません。

例えば月曜日などに発送するのであれば問題はありませんが、週末に発送となると日曜・祝日が間に入ってしまうのでレターパックよりも日数がかかります。

その点が、スマートレターの方がレターパックよりもに配達日数がかかることがあるといわれる理由です。

<下に続く>

おすすめのフリマアプリに関する本

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ

プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんメルカリ
1598円

メルカリで月5万円を稼ぐことを目標にいろいろなノウハウを教えてくれる本です。
スマートレターも活用して、ぜひメルカリにチャレンジしてみてください。

世界一わかりやすいメルカリ完全活用ブック

世界一わかりやすいメルカリ完全活用ブック

メルカリをお得に使うための活用book。
落札も出品もこれ1冊で簡単にできちゃいます。

<下に続く>

スマートレターを180円で利用してみよう!

スマートレター180円

全国一律料金180円で送れるスマートレターを紹介しました。
180円という安さで送れるスマートレターの存在を知らなかった方も多いのではないでしょうか。

小さいサイズのものなら送ることができますし、封筒と送料が込みで180円なので別に封筒を用意する必要もなく便利です。

ぜひ、小さいサイズの荷物を送るときはスマートレターを180円で利用してみてください。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line