sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!
2019/06/12

面長や丸顔の悩みを解決!50代女性の小顔に見える髪型を徹底調査!

女性は、いつまでもキレイで若々しくいたいもの。
加齢とともに髪質やフェイスラインが変わっていき、髪型の悩みが出てくるのではないでしょうか?

そこで今回は、50代女性の小顔に見える髪型をご紹介していきます。顔の骨格ごとに似合う髪型のポイントもご紹介するので、ヘアサロンへ行く時の参考にしてみてください。

Large brunette female girl 206296  1

ショートでも小顔に見える!50代向けのショートヘア5選

50代向け髪型ショート

まずは、50代向けの小顔に見えるショートヘアのポイントをご紹介します。
以下の5つのポイントを抑えてください。

  1. フェイスラインをカバーする
  2. ひし形シルエットにする
  3. ウルフカットにする
  4. 長めの斜めバングにする
  5. 前下がりの髪型にする

おすすめのショートヘア①:丸顔対策にワンレンショートヘア                

丸顔の方におすすめの小顔に見えるショートヘアは、毛先を切りっぱなしにしたワンレンの髪型です。
50代の方は、長めの前髪にすることで、顔周りをカバーしてくれるので小顔に見えますよ。

ワンレンショートの場合は、前髪をあごの下まで伸ばすことがより小顔に見せるポイントです。
前髪をなくすことで、おでこが見えて顔のシルエットが変化し、丸顔に見えない効果もあります。

おすすめのショートヘア②:面長向けのひし形ショートヘア

面長の方は、トップにボリュームを出すと、より顔が長く見えてしまいます。
そのため、顔のサイドにボリュームを出した髪型が小顔に見えるのでおすすめです。

サイドの髪を重めにし、ひし形のシルエットにすることで、顔全体のバランスが取れるため小顔に見えます。
また、50代の方は長めのシースルーバングにすると小顔にも見えるし、色っぽい印象にもなりますよ。

おすすめのショートヘア③:ウルフショートヘア

若い女性の間で人気があるウルフカットですが、50代の女性にもおすすめの髪型です。
顔周りをひし形のシルエットにし、襟足を伸ばすことで小顔に見えるようになります。

また、ウルフカットは毛先にレイヤーが入り、首筋にそって髪の毛が流れていくので、頭を美しく見せてくれる効果もあります。
50代の面長や丸顔の方にもおすすめの髪型です。

おすすめのショートヘア④:斜めバングのショートヘア

マニッシュショートに長めの斜めバングを組み合わせることで、クールな印象になり、長めのバングがフェイスラインをカバーしてくれます。
子供っぽくなららず、50代の方に試していただきたい小顔に見える髪型です。

前髪ありが良い方は、ショートボブに斜めバングを合わせるのがおすすめです。
前髪をパッツンにしないので子供っぽくなり過ぎず、50代でも可愛らしい印象になりますよ。

おすすめのショートヘア⑤:前下がりのショートヘア

人気の前下がりの髪型。
ショートヘアでも前下がりにすることで後ろがスッキリし、顔周りをサイドの髪がカバーしてくれるので、小顔に見える効果があります。

前髪ありでもなしでも小顔に見える髪型です。50代の丸顔の方にもおすすめですよ。

<下に続く>

ミディアムは外さない!50代向けのミディアムヘア5選

50代向け髪型ミディアム

ショートは似合わないという方のために、次はショートよりもカバー力があり小顔に見える50代向けのミディアムヘアをご紹介します。
抑えるポイントは以下の5つです。

  1. 襟足を重くする
  2. 顔周りにボリュームを出す
  3. ワンカールにする
  4. 外ハネにする
  5. レイヤーを入れる

おすすめのミディアムヘア①:丸顔は襟足重めのミディアムヘア

丸顔の方が小顔に見える50代向けの髪型は、襟足を重めにしたミディアムヘアです。
襟足にボリュームをもたせることで、顔全体が三角形のシルエットになり、目の錯覚で丸顔に見えなくなります。

襟足が重いのは気になるという方は、レイヤーを入れてふんわりとしたパーマをかけてください。そうすることで、毛先をすいて軽くなっても見た目のボリュームをキープすることができます。

おすすめのミディアムヘア②:面長に似合う顔周りふんわりミディアムヘア

小顔に見える面長の方におすすめの髪型は、顔周りにややボリュームをもたせたミディアムヘアです。

ショートヘアと同様に、面長の方が小顔に見えるポイントは、顔の周りにボリュームを加えてひし形のシルエットを作ることです。

ただし、ミディアムヘアの場合は、ふんわりとボリュームをもたせてください。
50代の方の場合、あまりに毛量が多いいと野暮ったく重たい印象になってしまうので、軽さをもたせつつ小顔に見えるようにしましょう。

おすすめのミディアムヘア③:ワンカールミディアムヘア

ワンカールなんて若い子がやる髪型だと思っている50代の方が多いと思いますが、そんなことはありません。
ワンカールミディアムヘアは、50代の方にとっても小顔に見える髪型です。

ショートヘアのワンカールは、若作りしているように見えてしまうかもしれませんが、ミディアムヘアのワンカールなら、可愛らしく柔らかい印象になりますよ。

50代の方には、パッツン前髪はおすすめできませんが、斜めバングや前髪なしなら更に小顔に見えるので是非やっていただきたい髪型です。

おすすめのミディアムヘア④:ナチュラルな外ハネのミディアムヘア

今年流行している外ハネヘアを50代の方も取り入れてみましょう。
そこで小顔に見えるポイントは、ナチュラルな外ハネにすることです。

外ハネをきつくしてしまうと、逆に顔のシルエットや大きさが目立ってしまうので、自分に合った小顔に見えるハネの大きさにしてください。
また、カラーはブラックではなく、柔らかい感じのブラウンやアッシュにすることでエレガントに見えますよ。

おすすめのミディアムヘア⑤:エアリーなレイヤー入りミディアムヘア

レイヤー入りミディアムヘアの注意点は、トレンドのエアリー感が出るように顔周りからレイヤーを入れて毛先に動きを出すことです。
顔周りがふんわりとして、小顔に見える髪型になりますよ。

できれば、50代の方はパーマをかけた上でレイヤーを入れることをおすすめします。
軽い印象になり、日々のヘアセットが楽になります。

<下に続く>

ロングはやっぱり王道!50代向けのロングヘア5選

50代向け髪型ロングヘア

長く美しいロングヘアは、キレイな女性の象徴ですよね。
50代のミセス世代でも痛く見えず小顔に見えるロングヘアのポイントを5つご紹介します。

  1. おでこを出す
  2. 前髪を重くする
  3. 暗めのヘアカラーにする
  4. 顔の下にレイヤーを入れる
  5. 毛先だけワンカールさせる

おすすめのロングヘア①:丸顔向けはおでこを出したロングヘア

丸顔の方が小顔に見える髪型は、長めの斜めバングや前髪をつくらずにおでこを出したロングヘアです。

ロングヘアの場合、おでこを出すことで顔のシルエットが長くみえるため、小顔に見える丸顔対策にはおすすめの髪型です。

また、この髪型の場合、毛先はストレートでもパーマをかけていても50代の方にはピッタリ。
毛先を少しいじるだけで、エレガントにもキュートにもなり、簡単に印象を変えることができますよ。

おすすめのロングヘア②:面長対策は重め前髪のロングヘア

面長の方は、前髪にボリュームのあるロングヘアが小顔に見える髪型です。
前髪でおでこを隠すことで、顔の面積が小さく見えますよ。

毛先は、ストレートだと野暮ったい印象になりがちなので、毛先を少し巻いた髪型がおすすめです。
どうしてもストレートが良いという50代の方は、カラーリングを透明感のあるグレージュやアッシュにしましょう。

おすすめのロングヘア③:ダークカラーのロングヘア

50代の方がショートヘアやボブなどの短めのヘアでダークカラーを使ってしまうと、髪型によっては重たい印象になってしまうことがありますが、ロングヘアならより女性らしさを引き立たせつつ小顔効果も期待できます。

おすすめの小顔に見えるダークカラーは、ダークブラウン、ダークアッシュ、ブルージュです。

また、50代の方がダークカラーを使用するときは、ストレートもおすすめですが、毛先を巻いた方が動きが出て軽やかな印象になりますよ。

おすすめのロングヘア④:顔の下からレイヤーを入れたロングヘア

ロングヘアでレイヤーを入れるときは、顔周りに入れてしまうと、ボリュームが出過ぎてしまいまとまりがないように見えてしまいます。

そのため、顔周りではなく、顔の下からレイヤーを入れることで小顔に見える髪型になりますよ。

レイヤーを入れることで、軽さも出て優しい印象になります。
毛量も減るので、忙しい50代の方でも、毎日の髪の毛の手入れを楽にすることができます。

おすすめのロングヘア⑤:ストレートワンカールロングヘア

ただのストレートロングヘアでは、小顔に見せることが難しいですが、毛先ワンカールするだけで、小顔に見える髪型になります。
50代の方でも、甘くなり過ぎずに可愛らしい雰囲気になるのでおすすめの髪型です。

また、レイヤーを入れたい場合は、鎖骨あたりから入れることで、顔の下がふんわりとして小顔に見える髪型にすることができます。

ストレートだけど、レイヤーをいれることで毛先に動きがでるので、可愛いけどエレガントな印象も欲しいという50代の方におすすめです。

<下に続く>

50代向けのボブヘア5選

50代向け髪型ボブ

先ほど小顔に見えるショートヘアをご紹介しましたが、ここではショートよりも少し長めの髪型ボブヘアについてご紹介します。
50代でも老けて見えないボブヘアのポイントは以下の5つです。

  1. ゆるい前下がりの髪型にする
  2. 顔周りを丸みのあるシルエットにする
  3. Aラインの髪型にする
  4. フレンチボブにする
  5. グラデーションをつける

おすすめのボブヘア①:丸顔対策向けのゆるい前下がりボブ

ゆるい前下がりボブヘアは、50代の丸顔の方にとっておきの小顔に見える髪型です。
ゆるい前下がりにすることで、顔周り全体を隠すことができ小顔に見せることができます。

また、50代の方は、前髪を流した斜めバングか眉上ぐらいのショートバングが小顔に見えるおすすめの前髪です。

おすすめのボブヘア②:面長が小顔に見えるふんわりシルエットのボブ

面長の方が小顔の見える髪型は、ふんわりシルエットのボブです。
ボブの場合、顔周りをふわっとさせ、ひし形や三角形のシルエットをつくることで小顔に見せることができます。

この髪型のカラーは、ピンクブラウンかマット系のカラーが50代の方におすすめ。
ピンクブラウンだと、可愛い印象になり、マットだとクールな印象になりますよ。

おすすめのボブヘア③:Aラインボブ

Aラインボブとは、毛先に向かってふわっと広がっていくボブスタイルのことです。
ストレートでもパーマをかけてもフェミニンで可愛らしい雰囲気になる髪型です。

また、顔の横や下にボリュームがくるので、小顔に見える髪型でもあります。
さらに前髪をつくることで、より小顔に見えるようになりますよ。

おすすめのボブヘア④:フレンチボブ

毛先に動きをもたせたワンレンスタイルのフレンチボブは、オシャレで小顔に見える髪型です。
小顔に見える理由は、毛先に動きがあることでフェイスラインがぼやけ顔を小さく見せるからです。

また、ストレートなフレンチボブは、͡コテで毛先をランダムに巻いたり、ワックスをつけて無造作ヘアにしてみたりするだけで、簡単に雰囲気を変えることができます。

ファッショナブルなフランスでも人気が高い髪型なので、オシャレ好きの50代の方におすすめの小顔に見える髪型です。

おすすめのボブヘア⑤:グラデーションボブ

グラデーションボブとは、レイヤーカットよりも段差が少なく、髪の上部分が下部分よりも長くしたボブスタイルのことです。
サイドの髪をながくしたり、前髪を長くすることで小顔に見えるのでおすすめです。

また、グラデーションカットは頭全体的が丸いシルエットになりやすいカットで、頭の形もかっこよく美しく見えますよ。
年齢問わずに50代にも人気の小顔に見る髪型です。

<下に続く>

パーマもありかも?!50代が似合うパーマスタイルをご紹介

50代向け髪型パーマ

50代の方がパーマをかけると、実年齢よりも老けて見られてしまうことありますよね。
パーマをかけたいけどそんな思いをしたくないという方のために、小顔にも見える若々しいパーマヘアのポイントを5つご紹介します。

  1. レイヤーを入れた内巻きにする
  2. 前髪をつくり毛先にパーマをかける
  3. ショートヘアは毛先に動きをだす
  4. ミディアムヘアはひし形シルエットにする
  5. ロングヘアはミックスウェーブにする

おすすめのパーマヘア①:丸顔が小顔に見える内巻きレイヤー入りパーマヘア

内巻きのパーマをかけ、レイヤーを入れることで丸顔でも小顔に見える髪型になります。
丸顔の方は、ランダムで大きなウェーブだと顔の形が強調されてしまいますが、ワンカールなどの一定方向に巻きがかかっているパーマだと小顔に見えやすいです。

ただし、50代の方がきつくパーマをかけてしまうとさらに老けた印象になってしまうので、パーマをかける強さはほどほどにしましょう。

おすすめのパーマヘア②:面長対策は前髪ありの毛先だけパーマヘア

面長の方が小顔に見える髪型は、前髪ありの毛先にだけふんわりとしたパーマをかけた髪型です。
50代向けの前髪は、重めにつくり顔を出す面積を抑えることで小顔に見えるようになります。

また、毛先のパーマは、大きめのロットで巻くことが重要です。
大きめのロットで巻くことで、毛先にボリュームが出てさらに小顔に見える髪型になります。

おすすめのパーマヘア③:毛先に動きのあるショートヘア

小顔に見えるショートヘアは、毛先にパーマをかけてクセ毛のように動きを出すことです。

ショートヘアは、カットによって小顔に見えますが、パーマをかけると髪全体がふわっとするので顔全体の輪郭がぼやけて小顔に見えるようになります。

また、ショートヘアの場合、少し明るめのカラーでもおばさんっぽくならずにスタイリッシュな雰囲気にすることができます。
50代の方がパーマをかけることで、おしゃれで若々しいい印象になりますよ。

おすすめのパーマヘア④:顔周りふんわりミディアムヘア

ミディアムヘアで小顔に見えるようにするには、
顔の周りにボリュームをもたせることです。
そうすることで、顔周りをカバーすることができ小顔に見える髪型になります。

50代の方は髪の毛を大きめのロットでふんわり巻くことで、可愛らしく優しい雰囲気になるでおすすめですよ。

おすすめのパーマヘア⑤:ミックスウェーブロングヘア

ロングヘアでも小顔に見える髪型は、外巻きと内巻きを交互にするミックスウェーブスタイルです。
巻き方をミックスさせることで、顔よりも髪の毛にボリュームが出て小顔に見えるようになります。

また、ミックスウェーブのロングヘアは、セレブもやっている髪型なので、ゴージャスでエレガントな印象になり50代の方にぴったりの髪型です。

<下に続く>

おすすめの整髪剤

【ルベル】モイ バーム ウォークインフォレスト 37g
1580円

髪は、加齢によってパサつき、ハリやコシがなくなることで髪のボリュームも失われてきます。
そうなってくると、毎日のヘアスタイリングが難しいですよね。

そんなお悩みの50代の方は、下記の商品を使用してみてください。お肌に優しい成分でできているので、ハンドクリームとしても使用でき、使用後に手を洗う必要がないのでおすすめの整髪剤ですよ。

<下に続く>

50代女性の小顔に見える髪型のまとめ

50代向け髪型まとめ

50代女性向けの小顔に見える様々な髪型を紹介してきましたがいかがでしたか?
丸顔や面長など、顔の骨格で悩んでいた方も髪型選びの参考になったのではないでしょうか。

人生100年時代、50代はまだまだ輝いていけます。
若々しく美しい小顔に見える髪型を手に入れて、これからの人生を楽しんで行きましょう。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
人気おすすめタグ
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line