sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!

料理酒おすすめ人気ランキング16選!体に優しい無添加商品を紹介

料理酒は和食に欠かせない調味料のひとつです。
上手に料理酒を活用すれば、料理の風味や食材の柔らかさなど仕上がりがぐっとアップするんです。

せっかくなら料理酒を効果的に使い、おいしく仕上げたいですよね。
コスパのいいアイテムから無添加の料理酒と、料理酒を上手に使いこなすポイントについて紹介します。

Large alex eckermann els4t2luhm8 unsplash

料理酒の特徴

料理酒
料理酒にどのような特徴があるのかを知っておくと、料理に効果的に使えるなります。
まずは料理酒の特徴を知り、その上でおすすめアイテムを見てみてください。

料理酒は塩分が含まれている

料理酒には、全体の3%程度の塩分が添加されているものがほとんど。
風味をプラスするだけでなく、塩味や甘みなど味を調えることもできるというわけです。

料理酒には塩分が少し含まれているということを考えながら料理をすれば、味付けの塩加減もしやすくなりますね。
料理酒をたくさん入れすぎると塩味が強く感じられることもあるので、入れすぎには注意しましょう。

甘みがある

料理酒は風味が少ないという印象があります。
確かに風味は少ないですが、その代わりに甘みを感じるものが多いことも特徴のひとつです。

塩分や甘みをプラスしているのは、飲酒用と区別しているということも理由。
飲酒用と区別することで、酒類販売免許のないお店でも販売することができるようになります。

味付け以外にも理由があるんですね。

あくまで調味料という位置づけ

料理酒=日本酒というイメージですが、料理酒は日本酒とは異なりあくまで料理酒であって、調味料のひとつとして扱うことがおすすめです。
その理由は前述したとおり、塩分や甘みがあるということ。

塩分や甘みがあるので味付けのひとつとして取り入れることができます。
ちょっとだけ味気ないな、と感じたら塩や醤油を足すのではなく、料理酒を調味料がわりに足してみるのもおすすめですよ。

<下に続く>

料理酒と日本酒の違い

料理酒と日本酒
料理酒も日本酒も同じだと思っている人も多いかもしれませんが、実は同じようで違う物なんです。
日本酒と料理酒の違いをはっきりと覚えておくと便利ですよ。

料理酒

料理酒と呼ばれるものは次の特徴があります。

  • 食塩が添加されている
  • 甘みがあるものが多い
  • 調味料という位置づけ

料理酒に含まれている塩分は海水と同程度の3%前後のものが一般的です。
料理酒を使うことでコクや風味がアップしますが、塩分のことを考えて味付けをする必要があります。

料理酒を入れる量は、大さじ1杯ほどの風味付け程度でOK。
臭みを消したり風味をプラスするために少量ずつ使うように心がけましょう。

日本酒

日本酒は飲酒用として販売されているため、原料は米や麹といったシンプルなもの。
塩分は含まれていないので、風味や甘み、辛味などをしっかりと感じることができます。

日本酒もお酒ですから、同じように料理に使いましょう。
日本酒を料理に使う場合、純米酒を選ぶと風味もぐっとアップします。

素材の味を活かす酒蒸しなどを作るときは風味が良くなるので、日本酒を使うことをおすすめします。

<下に続く>

料理酒の選び方

料理酒を選ぶ
スーパーなどに行くと、料理酒の種類がたくさんあることに気づきます。
初心者や和食をあまり作らない人だと、料理酒選びに困ってしまいますよね。

たくさんの料理酒の中からお気に入りのアイテムを選ぶために、選び方を知っておくと安心です。
選び方を学べばぴったりの料理酒をチョイスできますよ。

内容量

料理酒には様々な容量のタイプがあります。
日本酒は一升瓶や四合瓶のものが一般的ですが、料理酒は300ml程度のものや1Lタイプ、一升瓶タイプまで様々。

たくさん入っているもののほうがコスパが良くおすすめですが、使い勝手が悪いということもあるかもしれません。
どこに収納しておくのか、小瓶に入れ替えて使うのかなど、使い勝手や収納場所に合わせた内容量のものを選ぶのがおすすめです。

コスパの良さ

お得感で選ぶのもひとつの方法としておすすめです。
前の項目でも少し触れましたが、同じ商品でも容量が多いもののほうがコスパがいいということがほとんど。

ただし注意したいのは賞味期限です。
いくらコスパがいいからといって大容量のものを買っても、使いきれなければ意味がありません。

家族の人数に合った量の料理酒を選ぶのがおすすめです。

添加物

食品に関しては、『無添加』という商品がかなり注目されています。
食品は口にするものですから、余計なものが入っていないということは安心感がとても高いです。

料理酒も余計なものが入っていない無添加のものを選ぶ、というのもおすすめです。
最近ではパッケージに『無添加』とわかりやすく表記されている商品も増え、無添加のものを選びたい人にとっては選びやすくなりました。

使用している原料

添加物を気にしている人は、その製品がどのようなものでできているのか、どんなものを使っているのかという点も気になるのではないでしょうか。
料理酒には主に米が原料として使われていますが、この米にもこだわっているのかということもチェックしてみましょう。

こだわりの素材で作られた料理酒はおいしく、料理の仕上がりも良くなります。
原材料のところに細かく記載されていることが多いので、購入するときに見てみることをおすすめします。

メーカー

もうひとつ選ぶポイントになるのがメーカーです。
大手メーカーならやはり安心感につながりますよね。

大手メーカーでなくても料理酒など調味料に力を入れていることが分かるメーカーなら安心です。
酒造メーカーから販売されている料理酒もおすすめですよ。

はじめてのひとやどれににしようか迷った場合、メーカーから選んでみてはいかがでしょう。

<下に続く>

コスパの良いおすすめの料理酒6選

料理酒はやっぱりコスパを押さえたものを使いたいという人は多いものです。
料理をするときにはコスパもそうですが、使いやすいということもおすすめポイントのひとつ。

コスパが良くスーパーでも手に入りやすいアイテム6点を紹介します。

【コクや旨み効果を高めた】日の出寿 料理酒 醇良 400ml

日の出寿 料理酒 醇良 400ml
108円

400mlという手軽なサイズ感とコスパの良さがおすすめの理由。
この料理酒は塩分と甘みがしっかりあるので、しょうゆや塩、砂糖などほかの調味料は少し控えめに入れるのがおすすめです。

スーパーなどでも手軽に購入することができる商品なので、ぜひ手に取ってみてください。
料理ビギナーにも使い勝手がいいのでおすすめしたいアイテムです。

内容量 400ml
原材料 醸造調味料(米、米こうじ、食塩、ブドウ果汁)、たんぱく加水分解物、食塩、水あめ、酒精、酸味料
賞味期限 開栓後は冷暗所に保存して90日

【手頃で使いやすい】ミツカン 料理酒 1000ml

ミツカン 料理酒 1000ml
398円

大手調味料メーカー『ミツカン』からも料理酒が販売されています。
塩分や甘みはほどほどですが、アルコール臭がしにくいのが特徴です。

和食にプラスすれば風味をしっかりアップしてくれるのでおすすめ。
お肉の下味に使えば、お肉がふっくらと柔らかくなるだけでなく、臭みもしっかり取ってくれますよ。

塩分少なめなので、おすすめは酒蒸しに使うことです。

内容量 1000ml
原材料 醸造調味料(米、アルコール、食塩、米こうじ)、アルコール、水あめ、食塩、クエン酸
賞味期限 製造日から360日

【まろやかな風味】福泉 料理酒 1L

福泉 料理酒 1L
318円

こちらも一般的なスーパーでも購入することができる、低価格でたくさんはいった定番料理酒です。
クセが少ないので素材の味を活かす煮物やお吸い物などにも問題なく使うことができます。

やや甘みが強いタイプで、料理に甘みやコクが足りないときに少量プラスするのもおすすめ。
いつもの料理に少量使うだけで、風味やコクがアップしますよ。

内容量 1000ml
原材料 米と米麹の醸造調味料・水あめ・食塩・アルコール・調味料(アミノ酸等)・酸味料
賞味期限 製造日から1年

【とにかく安い】味わい料理酒 1.8L

味わい料理酒 1.8L
459円

とにかく大容量で、量を気にせずたっぷり使うことができる料理酒です。
他の料理酒は甘みをしっかり感じるものも多いですが、こちらの商品は甘みはほとんどなく塩分だけなので、入れすぎには注意が必要。

用途はいろいろで、魚の臭みをしっかりとってくれるほか、ダシの風味をしっかりと引き立てる万能調味料です。
この料理酒を一度使うと、味わい料理酒でないと味が決まらないという人も多く、和食ビギナーにもおすすめ。

内容量 1.8L
原材料 米・アルコール・米麹・食塩・糖類・アルコール
賞味期限

【肉や魚の臭み消しに】盛田 料理酒 1L

盛田 料理酒 1L
469円

こちらもたっぷり入ったお買い得な料理酒です。
シンプルな香りと味なので、どんな料理にもしっかりマッチします。

低価格なので気軽に購入できるのも、おすすめポイントのひとつです。
あっさりした風味でありながら、魚や肉の臭みをしっかり取るなど料理酒の役割はしっかりと果たしてくれます。

やや甘みの強いタイプの料理酒なので、煮物などに使うのもおすすめ。

内容量 1L
原材料 醸造調味料(米、米麹、食塩)、ぶどう糖果糖液糖、食塩、アルコール、酸味料
賞味期限 12ヶ月

【お手頃価格で高品質】ムソー みやこの料理酒 500ml

ムソー みやこの料理酒 500ml
720円

ここまで紹介してきた料理酒の中では高めの価格設定ですが、このおいしさでこの価格はコスパがいいアイテム。
魅力は何といってもシンプルな原料を使った料理酒ということです。

酒蒸しなどに使うとお酒の風味をしっかり残しながら、食材のうまみを引き出してくれます。
料理のクオリティをワンランクアップさせてくれる、そんな料理酒です。

内容量 500ml
原材料 米、米こうじ、食塩
賞味期限 開封前1年間、開封後1カ月程度
<下に続く>

おすすめの無添加料理酒10選

調味料に限らず、口にするものは余計なものが入っていないものを選びたいという人は少なくありません。
余計なものが入っていない食品は、もちろん体への影響も少なくなります。

ここ数年はシンプルな原料の料理酒が人気で、健康志向の人やお子さんがいる家庭におすすめです。
無添加で安心して使える、おすすめ料理酒をたっぷり10点紹介します。

【本格醸造料理酒】カチプラ 新潟 住乃井酒造 純米料理酒 瓶

[Amazon限定ブランド] カチプラ 新潟 住乃井酒造 純米料理酒 瓶 [ 日本酒 新潟県 1800ml ]
1496円

酒どころ新潟の酒造が作った料理酒は、食材の味を活かした和食におすすめです。
風味が良く、ダシや食材のうまみを存分に引き出します。

食塩は入っていますが、ほかには余計なものが入っていません
風味をアップさせるだけでなく、味を調えることもできますよ。

あっさりとした味わいの料理酒なので、いろいろな料理に使えるのもおすすめしたいポイントです。

内容量 1.8L
原材料 米、米こうじ、食塩
賞味期限

【味わい深く仕上がる】福正宗 純米 料理酒 紙パック

福正宗 純米 料理酒 紙パック [ 日本酒 石川県 1800mL ]
1426円

こちらの料理酒は、食塩や甘味料なども一切入っていない料理酒です。
米と麹だけで作られた、とてもシンプルな製造法がおすすめのポイント。

食材の味を引き立て、香りをぐっとアップさせるだけでなく、テリやうまみもプラスしてくれますよ。
この料理酒を使うことでプロの味に一歩近づくと感じている人も多いアイテム。

いろいろな料理に、この料理酒をちょっとだけプラスしてみてくださいね。

内容量 1.8L
原材料 米、米麹
賞味期限

【使いやすくクセのない】ミツカン 純米料理酒 1000ml

ミツカン 純米料理酒 1000ml
446円

こちらは米と麹、そして食塩といった3つの原料だけで作られたシンプルは料理酒。
加塩タイプの料理酒なので、食材のうまみをしっかりと引き出してくれます。

塩分は2.5%以下とやや低めになっているので、程よい塩味をプラスすることができますよ。
魚や肉の臭み消しにもおすすめ。

魚や肉をふっくらと仕上げてくれる効果も期待できます。

内容量 1000ml
原材料 米、米こうじ、食塩
賞味期限 270日

【アミノ酸が豊富な】大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒

大木代吉本店 福島県 こんにちは料理酒 720ml
980円

一般的な料理酒はアルコール度数が14度程度なのがほとんどなのに対し、こちらの料理酒はアルコール度数が17度。
やや高めのアルコール度数なので、すっきりというよりはしっかりというテイストになっています。

うまみが強く、あっさりした和食にもコクをしっかりプラスすることができます。
コクをプラスしたいときに使うのがおすすめです。

内容量 720ml
原材料 米、米麹、酒粕
賞味期限

【品質にこだわった】タカラ 料理のための清酒

タカラ 料理のための清酒 1.8L 紙パック
1000円

スーパーでも手軽に購入できるこちらの商品は、主婦層にとっても人気のアイテム。
コクとうまみをプラスすると同時に、魚や肉の臭み消しにも有効です。

食塩無添加なので、料理に余計な塩味を付けたくないという人におすすめですよ。
紙パックタイプなので環境にも優しく、瓶では重くて持ちにくいという人でも片手でサッと調理をすることができます。

内容量 1.8L
原材料 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
賞味期限

【旨みとコクが料理を引き立てる】キング醸造 日の出 料理専用米だけの酒

キング醸造 日の出 料理専用米だけの酒スリムパック [ 日本酒 兵庫県 900ml ]
819円

料理酒は1.8Lのものが多いですが、もっと手軽に作業ができるように、こちらの商品は900mlのスリムパックになっています。
手が小さい女性でも持ちやすいと評判。

味や風味ももちろん申し分なく、和食にちょっとプラスするのがおすすめです。
肉や魚の下味に使えば、臭みを消すだけでなくふっくらと柔らかく、うまみもアップさせてくれますよ。

内容量 900ml
原材料 米(国産)、米こうじ(国産米)
賞味期限

【旨味たっぷり】白扇酒造 福来純 純米料理酒 720ml

白扇酒造 福来純 純米料理酒 720ml
1563円

こちらは料理酒という名前がついてはいるものの、飲酒もできる『日本酒』としての扱いです。
純米酒なので香りが各段によく、あっさりした風味の和食の味をより引き立てます。

もち米を使っているのでほのかに甘みを感じ、うまみもたっぷりと感じることができます。
洋食ではアクアパッツァなど、ワインの代わりにこちらの商品を使うのもおすすめですよ。

内容量 1.8L
原材料 米、米麹
賞味期限

【濃醇旨口の純米料理酒】旬味  純米原酒 720ml

金寶仁井田本家 福島県 料理酒 『旬味』 純米原酒 720ml
1296円

こちらもアルコール度数が17度と高めの料理酒です。
高めのアルコールのおかげで、食材の持ち味をたっぷりと引き出してくれるので、シンプルな味付けの料理におすすめ。

食塩無添加で、日本酒扱いの料理酒なのでもちろん飲酒も可能。
ボトルのラベルもおしゃれで、キッチンに出しっぱなしにしていても馴染みやすいですよ。

やや甘口で使いやすいという点もおすすめポイントです。

内容量 720ml
原材料 米、米麹
賞味期限

【素材本来の味を引き出す】【無塩】月桂冠 美味しく仕上がる料理清酒パック

【無塩】月桂冠 美味しく仕上がる料理清酒パック [ 日本酒 京都府 1800ml ]
1036円

糖類や食塩が無添加で、本格的な日本酒タイプの料理酒です。
主な原料となる米は国産100%というだけでなく、使用している水は『伏水』という伏見の名水を使用しているのもおすすめポイントのひとつ。

魚や肉との相性が良く、魚はふっくらと、肉は柔らかく仕上がります。
日本酒タイプなのでもちろん飲酒もOK。

このお酒を使った料理と一緒に飲みながら楽しむのもおすすめです。

内容量 1.8L
原材料 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
賞味期限

【コクを与える旨味成分が豊富な】黄桜 料理清酒 パック

黄桜 料理清酒 パック [ 日本酒 京都府 1800ml ]
1257円

無塩タイプの料理酒はあっさりした風味のものが多いですが、こちらの商品は清酒粕を使用しているのでうまみがたっぷり
酸味料や調味料は無添加ですが、コクをしっかりとプラスすることができる料理酒です。

甘じょっぱい味付けの料理に特におすすめで、煮魚や煮豚などに使ってみてください。
コクをプラスすると同時に、食材の臭みもしっかり取ってくれますよ。

内容量 1.8L
原材料 米・米麹・醸造アルコール・糖類・清酒粕
賞味期限
<下に続く>

料理酒の上手な使い方

おすすめの料理酒を使ったとしても、使い方や量を間違えてしまうと、一気に味がダウンしてしまうこともあるんです。
おすすめの料理酒を最大限に活かすことで、より料理の味がランクアップしますよ。

ここでは料理酒の上手な使い方を紹介します。

適量を守る

ここまでおすすめしてきた料理酒は、料理酒自体に風味がありうまみをアップさせてくれるものがほとんどです。
風味を良くしようと思うと、目安量よりもちょっと多めに入れたくなりますよね。

しかし料理酒は適量を使うのがベスト
たくさん入れたからといってうまみが増えるわけではありません。

適量を心がけ、たくさん入れすぎないように気を付けましょう。

投入するタイミングに気をつける

料理酒は入れるタイミングによっても風味が変わります。
煮物はダシを取ったあとに入れ、料理酒のあとに砂糖を加えるのがおすすめです。

肉や魚に使う場合は、下味として取り入れるとうまみが引き立ちます。
焼き魚にするときも、料理酒を一振りしてから焼くのがおすすめですよ。

料理酒を入れるタイミングが遅くなってしまうと、酒臭さが残ってしまうこともあるので気を付けましょう。

火にかける時間に気をつける

料理酒を加えたら、火にかける時間にも注意してみましょう。
料理酒は料理の引き立て役ですから、加熱時間が短すぎると香りが強く残りすぎてしまいます。

お酒の香りが飛びそうで心配と思うかもしれませんが、ある程度しっかりと加熱することでうまみだけが残り、コクが生まれます。
繊細なダシを使う場合は、沸騰のさせ過ぎに気を付けながら、きちんと加熱するのがおすすめです。

アルコール分をしっかり飛ばす

前の項目で紹介したことと少し重なりますが、加熱時間が短いとアルコール分が抜けきらないこともあります。
しっかり加熱してアルコールを飛ばすことを『煮切り』といい、和食のちょっとした技なんですよ。

お子さんがいる家庭では、しっかり加熱してアルコールを飛ばすことで、お子さんでも安心して食事を楽しむことができます。

<下に続く>

料理酒は和食の必需品として常備するのがおすすめ

おすすめの料理酒
食材のうまみを引き立て、香りや味をアップさせてくれる料理酒は、和食には欠かすことができないアイテムです。
おすすめの料理酒をいくつか紹介しましたが、各家庭の味にぴったりマッチするものがきっと見つかるはずです。

いろいろな料理酒をいくつか試してみて、自分の家庭の味にマッチするものを見つけてみてくださいね。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line