sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!
2019/11/26

【人気ブロガーが厳選する】おすすめの住宅ローン人気ランキング15選!賢い組み方や注意点を紹介

住宅関連の人気ブログを運営されているfuyuさんにおすすめの住宅ローンについて教えていただきました!

住宅ローンを選ぶときに、金利ばかり安く済ませればいいと思っている人は多いですよね。
金利を安く済ませても、諸費用が多くかかって住宅ローン選びに失敗することもあります。

今回は、人気な住宅ローンの紹介と、住宅ローンの選び方を中心にご紹介していきます。

Large %e4%bd%8f%e5%ae%85
本記事のコメンテーター

住宅ローンの特徴

住宅ローンおすすめ特徴

まずはじめに、住宅を買う時に助けになる、住宅ローンの特徴を3つに分けてみていきましょう。

審査がある

新しい家や中古の住宅を買う時に、住宅ローンを使う人はとても多いですよね。
住宅ローンは自分の家を買う時に必要になるお金を、現金で用意ができないときに使うものです。

住宅ローンを借りる時には、必ず審査があります。
住宅ローンの審査には2種類あり、初めに行う事前審査と、最終的に判断を下す本審査があります。

年齢や健康状態、収入なども大きく審査の中では重要なポイントになっているので、あらかじめ住宅ローンの審査に必要なものを調べておくのもおすすめです。

借りるまでに時間がいる

住宅ローンを借りようと手続きをする時には、事前申し込みから住宅ローンが手元に来るまでの間に1カ月以上かかることが多いので、事前に調べておくこともおすすめします。
事前審査の申し込みから始まり、必要書類を準備したりと手続きを進め、事前審査が通ったら、本審査の申し込み後に審査が始まります。

持病があったり、過去にクレジットカードの支払いが滞っていたことがあったり、何か問題がある場合には審査が通らないことがあるので、しっかりと下調べをしておくのもおすすめです。

金利がある

住宅ローンには、借りたお金に対しての金利が発生していきます。
住宅ローンの金利も色々な種類や割合があり、住宅ローンの残金に対しての金利で毎回返済額が少しづつ変わってくる変動型金利や初めから最後まで返済額が変わらないタイプの固定金利もあります。

金利にもさまざまな種類があるのはもちろん、住宅ローンを取り扱っている会社によっても扱いが全く変わってくるので下調べをしっかりとしておくことをおすすめします。

<下に続く>

住宅ローンの種類

住宅ローンおすすめ種類

次に、住宅ローンの種類を公的ローン、民間ローン、フラット35の3つをご紹介していきます。

公的ローン

住宅ローンの中でも、比較的金利が低くなることが多くておすすめなのが、公的ローンです。
公的ローンは、地方の自治体や国からお金を借りることができる住宅ローンの種類です。

子育て世代にとっては金利が低くなることがありおすすめできる住宅ローンの1つですが、貸してもらう条件がその他のローンよりも比較的多くなりがちなのも一つの特徴です。

民間ローン

公的ローンは国や地方の自治体からお金を借りるのに対して、民間ローンはとてもしられていて生命保険などの会社や銀行から借りるローンの種類です。
民間ローンは、色々な種類があり、銀行それぞれに金利や制度など様々なことが違っていきます。

比較的住宅ローンの審査基準もあまりきびしくない民間ローン会社もおおいので、初めて住宅ローンを組みたいと思っている人も、民間ローンから審査をしてもらうこともおすすめです。

フラット35

民間ローンの種類で民間の金融機関と住宅金融支援機構が協力して提供する住宅ローンがフラット35です。
金利がずっと同じ金額で、一番長くて35年間まで借りることができるので、少しでも安く住宅を購入したい人にもおすすめです。

支払いをする時に毎回金利が変わらないのは、毎月住宅ローンの返済をするときには計画を立てやすい点は嬉しいですよね。
フラット35もとてもおすすめできる住宅ローンですが、更に金利を抑えたい人におすすめなのが、耐震や省エネに特化しているタイプの住宅を買う時には”フラット35s”です。
フラット35だと保証人がいらなかったり、民間のローンよりも審査の基準がゆるい部分も多くあるのでそこもおすすめです。

<下に続く>

住宅ローンのタイプ

住宅ローンおすすめタイプ

次に、住宅ローンのタイプを3つご紹介していきます。

完全金利固定型

住宅を買う時に必要な住宅ローンの完全金利固定型は、一番初めに払う金額と住宅ローン返済途中、住宅ローンを払い終わるまでの間、ずっと金利を払う割合や金額も変わらないのが大きな魅力です。
金利が低い時に契約をした住宅ローンならば、払い終わるまでずっと同じ金額と金利でお金を払い続く得ることができます。

逆に金利が高い時に契約をした住宅ローンは、ずっと払い終わるまで金利が高いまま支払いを続けないといけないので注意が必要です。

変動金利型

住宅を買う時に必要な住宅ローンのなかでも、支払いはじめと支払い終わりで比較すると金利の金額が変わってくるのが変動金利型です。
変動金利型の大きな特徴は住宅ローンのタイプの中で支払いはじめの金利が一番低いというところです。

住宅ローンのまだ払い終えていない残っている分の金額に対しての金利がかかってくるので、毎回支払いのたびに金利が変わってくることから変動金利型と呼ばれています。
固定金利とは違い、支払いはじめの金額が低いことがとても大きなおすすめポイントになります。

固定期間選択型

住宅ローンを借りる時に、固定金利型か変動金利型か迷っている人におすすめなのが固定期間選択型です。
決まった期間を固定金利型で返済をして、その後に改めて固定金利型か変動金利型か住宅ローンを選びなおすことができるから生活環境が変わる予定がある人でも、安心して住宅ローンを選びなおすことができます。

初めの何年かは固定金利型でその後に変動金利型を選択するのも、おすすめです。

<下に続く>

住宅ローンの選び方

住宅ローンおすすめ選び方

次に住宅ローンのおすすめの選び方をご紹介します。

金利について

住宅ローンを選ぶときに一番気になる人も多いのが、金利ですよね。

[email protected]おうちたてるのコメント
住宅ローンを借り始める年齢によって、金利タイプのお勧めは変わります。

一般的には若くしてローンを組むなら固定金利を、家計に余裕がある場合は変動金利がおすすめです。

金利が高すぎる住宅ローンがあれば、加入を渋るのは当たり前ですが、住宅ローンのタイプで紹介した3種類の中でどの返済方法が自分のライフスタイルに合っているのかじっくりと考えて、そこからさまざまな会社の住宅ローンの金利を比較してみると、気になる住宅ローンを見つけやすいのでおすすめです。

今回はfuyuさんにおすすめ金利を教えていただきました。

[email protected]おうちたてるのコメント
一般的に変動金利の方が金利が低くおトクと感じます。

ですが実際には金利変動リスクを借主が負うので安易に全額変動を選ぶのはやめましょう。

住宅取得時に頭金を十分に出せる家計であった場合は変動でも大丈夫な可能性が高いです。

しかし頭金がゼロに近い場合は今後の人生設計を考えると固定金利を選択した方が無難です。

その上で全額変動金利型の方が合っている方は次にタイプを選びましょう。

[email protected]おうちたてるのコメント
我が家は全額変動で借りています。

ハウスメーカー提携ローンの住信SBIネット銀行で借りているので、金利が低く抑えられました。年間100万円返済するように設定しています。

fuyuさんのご自宅も全額変動で住信SBIを利用されています。

詳しい内容については後ほど詳しく紹介します。

次に固定金利についてもアドバイスをいただきました。

[email protected]おうちたてるのコメント
もう一つおすすめなのが全期間固定金利型35年です。

固定金利で借りると、返済までの計画の見通しが経ちますので、ライフプランを考えやすい点でおすすめです。

30才未満で住宅ローンを組む場合は、固定金利で組んでおけば、子供の誕生などのライフスタイルにも柔軟に対応しやすくおすすめです。

固定金利の種類なども後ほど紹介しますのでまずは比較してみてください。

保証について

住宅ローンを毎月支払っていく中で、住宅ローンを様々な理由から払うことができなくなってしまうときに利用できるのが保証です。
住宅ローンを一時的に払えなくなってしまったときに、代わりに立て替えて住宅ローン会社に支払いをしてくれるのが保証会社になります。

細かな内容は住宅ローンや保証会社によって変わってくるので、住宅ローンを組むときには確認しておきましょう。

繰り上げ返済について

住宅ローンを少し家計に余裕があるときに、多めに払うことができるのが繰り上げ返済です。
住宅ローンの繰り上げ返済の最大の魅力は利息が少なくなるという点です。

繰り上げ返済には返済をする期間短縮型と、返済する期間軽減型の2種類があるので、自分の生活や貯金額に合った返済方法を考えて住宅ローンの返済計画を立てていくのをおすすめします。

特典について

住宅ローンを利用した特典は住宅ローン会社によって大きく変わってきます。
イオン銀行の住宅ローンは、買い物した金額から5%引かれるというものだったり、楽天銀行の住宅ローンだと、融資事務手数料が少し優遇されたりとあります。

他にも、飛行機会社のマイルが特典でついてきたりと、自分の一番利用しやすい特典を重視して選ぶのもおすすめです。

諸費用について

住宅ローンを組むときに諸費用も必要になってきます。
諸費用の中でも、事務手数料は住宅ローンを借り入れた金額に対して事務手数料がかかるものと、初めから決まった金額で支払うものがあります。

諸費用がいくらかかるのか気になる場合は、住宅ローンのシミレーションを利用することをおすすめします。

<下に続く>

おすすめの住宅ローン【完全金利固定型】

おすすめの住宅ローン完全金利固定型l

おすすめの住宅ローンの中でも完全金利固定型のおすすめなものを3つご紹介していきます。

【低金利】ARUHI スーパーフラット8S

中村アンが広告で出演している、住宅ローンの中でも低金利でおすすめなのがARUHIのスーパーフラット8Sです。
ARUHIのスーパーフラット8Sは、金利が0.43%からとなっているのも大きな魅力ですよね。

事前審査がや本審査も比較的早いのも魅力的でおすすめです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.43%~0.73% 15年~35年 インターネット・店舗

【お得な金利】住信SBIネット銀行フラット35S

払い始めから払い終わりまで金額が変わらない住信SBIネット銀行フラット35Sは、病気からケガまでほとんどのものを保証してくれる全疾病保証もついていて、お得感があっておすすめな住宅ローンです。
フラット35Sの中でも、金利を抑えめにして保証を重視したい人におすすめな保証型と、初めに住宅ローンにかかる費用を抑えめにしたい人におすすめな買取型の2種類があるので、自分のライフスタイルに合うものをチョイスするのもおすすめです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.67%~1.06% 15年~35年 インターネット

【スカイプ相談可】楽天銀行 フラット35S

耐久性・省エネ・バリアフリー性・耐震性に特化した住宅を建てる時に、土日も相談することができて平日に忙しい人にもおすすめな住宅ローンは楽天銀行のフラット35Sです。
住宅ローンの相談をする時にスカイプでの相談も対応しているのも魅力が大きいおすすめポイントです。
| 金利 | 返済期間 | 申し込み方法 |
| - | - | - |
| 0.61%~0.86% | 15年~35年 | インターネット |

<下に続く>

おすすめの住宅ローン【変動金利型】

おすすめ住宅ローン変動金利

住宅ローンの中でも、毎回支払う金額が少しずつ変わる変動金利のおすすめなものを7種類ご紹介していきます。

【保証料0円】イオン銀行 住宅ローン 金利プラン (新規お借入限定)

住宅ローンの中でも特典の多いイオン銀行の変動金利型の中でおすすめなのが、新規の借り入れに限定されている変動金利のプランです。
住宅ローンの返済を一定の条件を満たすと、低金利で借りることができるおすすめな金利プランです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.52% 1年~35年 インターネット・店頭

【全室疾病保証】じぶん銀行 住宅ローン 全期間引下げプラン

じぶん銀行の住宅ローンの中でも変動金利で返済中の全部の期間中返済額が安くなるプランのじぶん銀行住宅ローン全期間引き下げプランです。
全室病保証つきでおすすめなプランです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.457%~2.09% 2年~35年 インターネット

【女性におすすめ】住信SBIネット銀行 ネット専用全疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン>

借り入れの基準を満たしているときに、金利を安く借りることができるネット専用全室病保証付きの住宅ローンの通期引き下げプランです。
女性の場合はがんの診断が下りたときに30万円もらうことができるので、女性に優しい保証もついているおすすめな住宅ローンです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.42% 5年~35年 インターネット

【5年間同じ返済額】りそな住宅ローン(金利プラン全期間型)融資手数料型

変動金利でも少し嬉しい5年の間に返済するべき金額がずっと同じなりそなの住宅ローンの金利プラン全期間型の融資手数料型です。
腎臓病や目が見えなくなってしまったときなど、特定の病気になった時に住宅ローンの残高が0円になる保証もついている、魅力が多いおすすめな商品で鵜s。

金利 返済期間 申し込み方法
0.47% 5年~35年 店舗

【たくさんの0円】ジャパンネット銀行 住宅ローン

一般の団信保険や一部の繰り上げ返済の保証料や住宅ローンを返済する銀行の口座の資金を移動する時の料金や、収入印紙代などたくさん0円になるお得感満載でおすすめなジャパンネット銀行の住宅ローンです。
手続きが
とてもシンプルなのもおすすめな点です。

金利 返済期間 申し込み方法
0.415% 5年~35年 インターネット

【来店不要】三菱UFJ銀行 ネット専用住宅ローン変動金利選択プラン

インターネットで手続きが完結する、おすすめな住宅ローンの三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローン変動金利選択プランです。
インターネットで全て手続きが終わるのが嬉しいのはもちろん、がん・脳卒中・急性脳卒中と高血圧・肝硬変・慢性腎不全・糖尿病の7つの病気になると住宅ローンの残高が0になる保証もついていておすすめな住宅ローンです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.525% 2年~35年 インターネット

【トータルコストがお得】ソニー銀行 変動セレクト住宅ローン

ソニー銀行の変動セレクト住宅ローンは、住宅ローンを選ぶときにとっても大切な、住宅ローンの金利が安いのはもちろん、他にかかってくる保証料、契約料印紙代、取扱手数料、利息、団体信用生命保険料や、その他にかかる費用が0円なので、全体を考えると安さが魅力的な住宅ローンです。

ソニー銀行の住宅ローンの中でも、金利を抑えたい人にとってもおすすめな住宅ローンです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.457% 5年~35年 インターネット・郵送
<下に続く>

おすすめの住宅ローン【固定期間選択型】

住宅ローン固定期間選択型おすすめ

次に、固定期間選択型の住宅ローンのオススメな商品を5つご紹介します。

【がん診断保証付き】じぶん銀行 住宅ローン 当初期間引下げプラン

じぶん銀行の住宅ローンの当初期間引き下げプランは、住宅ローンを支払い始めの期間に返済する金額を減らすことができる、嬉しい住宅ローンです。
初めに金利が安く済む分、そのあとの金利の引き下げ幅は他の商品よりも少なくなるのも特徴です。

金利 返済期間 申し込み方法
0.38%~1.237% 1年~35年 インターネット・郵送・FAX

【ネットで完結】三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローン固定10年プレミアム住宅ローン

住宅ローンを借りようと思っている時期に、出産や結婚と重なりそうなときにもおすすめなのが、三菱UFJ銀行ネット専用住宅ローンのネット専用住宅ローン固定10年プレミアム住宅ローンです。
この住宅ローンは、インターネット限定の住宅ローンで他の商品よりも金利を安く済ませられることができるのがおすすめポイントです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.59%~1.69% 10年~35年 インターネット

【イオンユーザーにおすすめ】イオン銀行 住宅ローン 当初10年固定特別金利プラン

イオン銀行の住宅ローンは、イオン銀行のネットユーザーにおすすめな住宅ローンです。
当初10年固定特別金利プランは、10年間の金利が特別に0.69%になるおすすめな商品です。

イオン銀行の住宅ローンは、イオンでよく買い物をする人にとって嬉しい特典がいっぱいです。

金利 返済期間 申し込み方法
0.69%~2.8% 1年~35年 インターネット

【審査1回】新生銀行 パワースマート住宅ローン【自己資金10%以上】

特定の条件をすべてクリアした人が加入することができる、新生銀行の住宅ローンです。
新生銀行のパワースマート住宅ローンは、審査は郵送かインターネット上ですることができますが、加入する時には店頭に足を運ぶのも大きな特徴です。

金利 返済期間 申し込み方法
0.45%・0.65% 5年~35年 店舗

【20年返済を目指す人に】ソニー銀行 固定セレクト住宅ローン

ソニー銀行の住宅ローンは、前年度の収入が400万円以上の人が借りることができる、住宅ローンです。
この商品の特徴は、他の商品よりも固定金利の引き下げ幅が低い事です。
契約する時には基本インターネットですが、希望をする人は書面でも契約をすることができるのも大きな特徴です。

金利 返済期間 申し込み方法
0.58%~1.021% 10年~35年 店舗
<下に続く>

住宅ローンのメリット

住宅ローンおすすめメリット

次に、住宅ローンを借りるメリットを見ていきましょう。

資金が少なくても借りることができる

住宅ローンを借りる時に大きなメリットになるのが、資金が少なくても最低限の頭金のみで住宅ローンを借りることができたり、頭金が無くても住宅ローンを借りることができるところです。
住宅を新築したい時にも、中古住宅を購入する時にも、リノベーションを考えているときにも、住宅ローンはとても心強い商品と言えます。

特典があることが多い

住宅ローンを選ぶときに、それぞれの商品の中から自分のライフスタイルに合ったものを探すことは大前提ですが、住宅ローン会社それぞれで住宅ローンの特典は大きく変わっています。
イオン銀行だと、イオンでの買い物時にカードの利用で毎日の買い物から割引される家系に優しい特典があったりと、嬉しい商品がいっぱいあります。

気になる住宅ローンがあったら、それぞれの住宅ローンを比較してみるのもおすすめです。

病気をしたときの保証がある

住宅ローンに加入して、大きな病気をしてしまったときに、住宅ローンが半分になったり免除される制度がついている商品があります。
体調を崩したり、大きなケガで住宅ローンを払えなくなってしまう心配がある人は、お金を稼ぐ能力がなくなった時に保証がある住宅ローンを加入することをおすすめします。

<下に続く>

住宅ローンのデメリット

住宅ローンおすすめデメリット

安定した収入がある人が加入できる

住宅ローンは、前の年に稼いだ金額、勤続年数という箇所が審査の対象になります。
返済する能力があるのか判断される審査では、平均300万円以上の収入があるか、勤続年数2.3年以上という会社が多いです。

そして、自営業の人だと更に基準が厳しくなることが多く、自分で仕事をしている自営業などの人は住宅ローンを組む予定の会社に直接相談してみることを強くおすすめします。

物件によっては使えない

審査を住宅ローンの会社にお願いをする時に、古い住宅の購入の時に一定の条件をクリアしていないと借りられないことがあります。
建ててから時間が経ったが古い状態の住宅の場合や、住宅ローンを貸し出す基準になる物件には、ローンを借りることができないことがあります。

住宅ローンの審査について、借りる予定の住宅ローン会社に詳しい内容を相談してみるのもおすすめです。

事前審査で安心できない

本審査は事前審査が通ったら必ず通るとは限りません。
住宅ローンを借りる前には必ず行わないといけない審査があります。

その種類は2種類あり、本人を確認する作業や収入を確認する資料、買いたい住宅をしっかりと確認してローン会社に審査をお願いした上で本審査が通るか通らないかを判断されます。
1つ目の審査が通ったからと安心せずに2つ目の審査までしっかりと確認しましょう。

<下に続く>

住宅ローンの注意点

住宅ローンおすすめ注意点

住宅ローンを組むときに知っておきたい注意点をご紹介です。

まずは大前提としてfuyuさんのアドバイスをご覧ください。

[email protected]おうちたてるのコメント
住宅ローンのおすすめは、借りる人によって異なります。

借りるときの年齢、年収、頭金の有無、担保の状況などで借りられる銀行や返せる総額は異なりますので、心配な場合は必ずFPさんなどに相談しましょう。

また、車のローンやクレジットカードの利用状況によっても状況が変わりますので、住宅の購入を検討し始めたらすぐに資金計画をすることをお勧めします。

その上で今から考えるべきことを3つまとめました。

計画的に準備する

住宅ローンで一番悲しくなる注意したいのが、途中で支払いができなくなってしまうことです。
住宅ローンを組むときには、住宅ローンの事前審査、本審査をクリアした人が借りることができます。

本審査が通って毎月住宅ローンを支払いをしている途中で、返済できずに支払いができずにいると、住宅ローン会社から延滞金が1カ月で発生してしまいます。
その後に2.3ヶ月経っても返済ができない場合は、住宅を競売にかけられてしまうので、計画的に住宅ローンを返済をするのを強くおすすめします。。

審査には時間がかかることがある

住宅ローンの事前審査から本審査まで、トータルで1週間以上かかってしまうことが多いです。
審査の内容や時間は、住宅ローン会社それぞれで違ってきますが、住宅ローンを組むときには、日時に余裕をもって前もって行動することをおすすめします。

トータルコストを重視する

住宅ローンを借りる時に、住宅ローンの金利だけを見るのではなく、諸費用も含めた金額で選ぶようにしましょう。
住宅ローン会社によっては、諸費用を0円にしているところもあるので、賢く全体的に見て考えることをおすすめします。

<下に続く>

賢い住宅ローンの組み方

おすすめの住宅ローン賢い組み方

住宅ローンを組むときにおすすめな賢い組み方をご紹介します。
まず確認するのは、どれくらいの金額を月々いくらずつ返済するか計画を立てるところから始めます。

多くの住宅ローンの場合、借りるお金と金利の他に費用が掛かってくることが多いので、それを含めてトータルで考えましょう。
金利が安いからと選ぶのではなく、変動金利、固定金利などの住宅ローンの金利の特徴を理解しておくのもおすすめです。

補償内容もそれぞれの住宅ローンで異なっているので、自分の一番求めているものに沿っているかも確認しておきましょう。

<下に続く>

住宅購入の注意点

住宅購入おすすめの注意点

多くの人がマイホームを買おうとすると住宅ローンを利用しますが、利用をする時には必ず住宅ローンの中身をしっかりと理解してから契約することをお勧めします。
例えば、住宅ローンの中で固定金利と変動金利がありますが、安くなると思い変動金利を選択しても支払いの段階で変動金利の方が高くついたという例もあります。

住宅ローンを自分に合ったものを選び、審査がしっかりと通ることを確認できてから自分に合った住宅の購入をおすすめします。

<下に続く>

住宅ローンは内容をしっかり理解するのがおすすめ!

住宅ローンおすすめまとめ

住宅ローンには、大きく分けて変動金利と固定金利がありますが、それぞれの特徴や、住宅ローン会社ごとに審査の基準や金利、特典、諸費用の金額なども大きく違ってきます。
住宅ローンを組むときにはそれぞれの住宅ローンのメリットやデメリット、注意点などの内容をしっかりと理解して、契約までに繋がげることをおすすめします。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line