sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!
2019/07/17

『ひかり』に関する名前特集!意味やおすすめの漢字を一挙公開

名前は一生に一度しかつけることができないものです。
子供のためにも素晴らしい名前をつけたいですよね。

名前には様々な候補があります。
そんな中でもあなたが注目したのは「ひかり」ではないでしょうか。

とはいえ「ひかり」という名前はどんな漢字にすればいいのかや、どんな種類があるのか分からないですよね。
今回は「ひかり」という名前について詳しく紹介していきます。

Large %e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93  1

『ひかり』という名前に込められる願い

たくさんのひかり

そもそも「ひかり」という名前には、どんな願いが込められているのかあなたは知っていますか?
この名前は第一に、光り輝くような存在になってほしいという願いがあります。

自分の子供には常に明るく元気でいてほしいものです。
太陽に負けないくらい、明るい子供に成長すれば喜びもひとしおです。

明るい印象が第一ですが「ひかり」には他にも様々な意味があります。
大きく分けると「ひかり」は5つのイメージに分類することができます。

そのイメージがこれです。

  1. 明るいイメージの『ひかり』
  2. 自然をイメージさせる『ひかり』
  3. 果物からイメージする『ひかり』
  4. 可愛らしい女性をイメージする『ひかり』
  5. 他の願いを込められた『ひかり』

次の章からはこれらのイメージに合う名前を1つずつ紹介します。

<下に続く>

明るいイメージの『ひかり』

明るいひかり

まずはシンプルに明るいイメージを持つ「ひかり」を7つ挙げていきます。

明るいイメージの『ひかり』①:光

「ひかり」と聞いて最初に思い浮かべる漢字といえばこれですよね。
シンプルかつストレートな漢字なので、この漢字が採用されることが多いです。

光という漢字には「あかり」や「てらす」といった意味があり、明るいイメージにはピッタリです。
画数も少なく子供が小学生になった時でも漢字で名前を書くことができます。

光には他にもほまれという意味もあります。
ほまれというのは誇りになる事柄ということです。

光を使った単語には「光栄」や「栄光」というものがあります。
どちらも誇らしい単語ですよね。

光には明るいだけではなく、このような素晴らしい意味がある漢字なのです。
シンプルな名前にしたいなら「光」がオススメです。

明るいイメージの『ひかり』②:希望

次は名前は当て字で「希望」と書いて、ひかりと読みます。
当て字なので初見では読むことが難しい名前です。

ですが希望という言葉には、「未来に望みをかける」という意味があります。
自分の子供に明るい未来を手に入れて欲しいという願いが込められている、素晴らしい名前です。

少し前に流行になった、いわゆるキラキラネームというものです。
なので子供につけるのは少し抵抗があるかもしれません。

ですが今では希望という名前は一般的になっています。
人気の名前になっているので抵抗感を覚えることはありません。

将来素晴らしい子供になってほしい。
そんな希望を込めたいのなら「希望」という名前がオススメです。

明るいイメージの『ひかり』③:太陽

次も当て字ですが、太陽と書いてひかりと読みます。
少し強引ですが、この名前をつける人も年々増えています。

太陽は言わずとしれた、空に浮かんでいるあの太陽です。
太陽という名前はあのキラキラと輝く明るい星のような子供になってほしい。

という意味が込められています。
太陽には星以外にも、もう1つ意味があります。

その意味というのが「人に希望を与える」というものです。
何かの物事に中心人物となって希望を与える存在になることを、太陽に言い換えている訳です。

「あの人は私達にとって太陽のような人です」という文もどこかで聞いたことがありそうです。
子供が活発的でリーダーシップを持った子供になって欲しいのならオススメの名前です。

明るいイメージの『ひかり』④:晃

」は人名漢字の中でも一般的なものの1つです。
基本的には「あきら」と名付けることが多いです。

ですがこの字には「あきら」だけではなく「ひかり」という読み方もあるのです。
そもそもこの漢字には「照り輝く」という意味が込められています。

晃という字をよく見てください。
「日」と「光」が上下に組み合わさった漢字になっています。

2つ合わせると日光という単語が出てきます。
日光とはご存知の通り、晴れた日の日中に出てくる太陽からの光です。

晃は日光のような明るい子供になってほしい時にピッタリの漢字です。
意外な読み方なので、最初は他の人から驚かれるかもしれません。

ですが晃はちゃんと「ひかり」という意味がある漢字です。
日光を意識した名前がいいなら「晃」がオススメです。

明るいイメージの『ひかり』⑤:輝

」は輝くという言葉があるように、光が四方八方に広ってまばゆい状態という意味がある漢字です。
よく名前に使われる漢字の1つですね。

単体で「ひかり」と名付けるのは、あまり見かけません。
輝は単体で名前をつけるよりかは、どちらかというと組み合わせて名付けることが多い漢字です。

「光輝」や「直輝」など、何個も名前の候補が思いつきます。
一般的な字なので、初見で驚かれる事も少ないです。

「輝」という字は、光の中心を描いて取り巻いた光という意味もあります。
輝のとなりに軍という文字がありますよね。

これは輝が戦の事で成り立っている漢字だからです。
昔の戦は広範囲で繰り広げられていました。

そこから転じて「かがやく」という言葉は、「広範囲に広く光る=光+軍」という漢字になったのです。
昔の人は発想がとても豊かですね。

明るく周りを照らしてくれるような子供になって欲しいのなら「輝」がオススメです。

明るいイメージの『ひかり』⑥:星

次は当て字でひかりと読む事ができる「」です。
星の意味は言うまでもなく、夜空にきらめいているあの星です。

星というと先程も紹介した太陽も種類のうちの1つです。
しかし太陽は星というよりかは、どちらかというと情熱的な輝きのような雰囲気があります。

夜空に浮かぶ星は太陽よりかは輝きが抑えめです。
ですが太陽よりも美しく輝いているという特徴があります。

夜空に浮かぶ星のように暗い中でも明るく照らす存在になってほしい
星にはそんな意味が込められています。

こちらも光と同じく字が簡単なのも特徴です。
子供が小さい時から漢字で名前を書くことができます。

星のようにきらめいた子供に育ってほしいのなら、星と名付けるのがオススメです。

明るいイメージの『ひかり』⑦:耀

最後は難しい漢字ですが、「耀」という文字を紹介します。
この漢字は「かがやく」と読むことができます。

輝とは違って一般的な漢字ではないので、あまり見かけたことがありません。
それもそのはず、この漢字を使った熟語は「栄耀」や「光耀」など難しいものばかりです。

とはいえこの漢字は正しく「ひかり」と読むことができます。
「星」や「希望」のように当て字ではないので大丈夫です。

むしろこの漢字を使う人は滅多にいないので、唯一無二の名前にすることができます。
最近では人気アイドルの名前の一部にも、この漢字が使われていました。

少しひねった「ひかり」を名付けたいのなら、うってつけの漢字ですね。

<下に続く>

自然のイメージの『ひかり』

ひかりが差し込む植物

次は明るいだけではなく、自然も意識した名前を紹介していきます。
身近な存在のものも多いので、想像しやすいのが特徴です。

自然のイメージの『ひかり』①:洸

」は最初に紹介した光に、さんずいへんをつけた漢字です。
光だと少しシンプルすぎますが、洸になると名前の雰囲気が出てきます。

洸という漢字には、水の表面のように光っているという意味があります。
あなたも川や海に行った時、水面がキレイに光っているのを見たことがありませんか?

あれが洸の由来となった光です。
水面の光はキラキラして、まばゆいくらい眩しいですよね。

光に水関連の意味がある時につけるさんずいへんをつけてできた漢字が洸なのです。
子供がそんなキラキラした水面の光のような、明るい子供になってほしいという時に洸はピッタリです。

自然のイメージの『ひかり』②:七色

当て字ですが「七色」と書いて「ひかり」と読むことができます。
少し強引すぎるかと思いますが、最近ではつけられる事も増えています。

七色と聞いて最初に思い浮かべるものといえば、やはりではないでしょうか。
虹は1年に数回しか見る事ができない分、見つけたら感動するくらい美しいものです。

自分の子供にも、そんな感動するくらい美しくなってほしいですよね。
また七色は文字通り7つの色が入っている事を表す単語です。

1つだけではなく、いくつもの色が入っているという訳です。
子供にはそんな多彩な才能あふれる人になってほしいものです。

このように七色には、美しい意味がたくさん込められています。
七色に光輝く子供になって欲しいのなら、「七色」と名付けるのがオススメです。

自然のイメージの『ひかり』③:陽光

太陽の光と書いて「陽光」という単語があります。
この「陽光」という言葉も「ひかり」と読むことができます。

少し当て字っぽい印象を受けますが、そんな事はありません。
「陽」という字は「ひ」とも読むことができます。

それに「光」がくっついているだけなので、「ひかり」と読んでも不自然ではありません。
「和泉」という名字が、和を読まず後ろの泉だけを読むのと一緒の感覚です。

「陽光」という名前には太陽の光のような、全てを照らす明るい存在になってほしいという願いが込められています。
太陽光のような明るい子供に育ってほしい時は、「陽光」と名付けてください。

自然のイメージの『ひかり』④:曜

明るいイメージの7番目に紹介した「耀」と似た漢字の「」。
普段は曜日で目にすることが多いので、一般的な漢字でもあります。

曜は曜日のイメージが強くて、他にどんな意味があるのか知られていません。
実は曜にも「光り輝く」という意味があるのです。

火成岩の1種に黒曜石というものがあります。
昔、理科の授業で習った記憶はありませんか?

黒曜石は黒く光り輝いている見た目をしています。
なのでそのまま黒く輝く石=黒曜石という名前になったのです。

このように曜は、れっきとした「ひかり」の意味を持っている漢字なのです。
曜は日光のような明るい光という意味ではありません。

美しくキレイな光のような子供になってほしいのなら「曜」がオススメです。

自然のイメージの『ひかり』⑤:燦

少し難易度の高い漢字ですが、この「」という字も「ひかり」と読むことができます。
昭和の名曲にこの文字が入った、有名な曲がありますよね。

燦は燦々(さんさん)とするのような文章に使われる漢字です。
燦々という言葉には美しく、鮮やかに光り輝くという意味があります。

花や植物に対して使われることが多く、鮮やかで美しいものを表すイメージが強い漢字です。
あまり見かけない漢字の形なので、最初は書くのに手こずるのが難点ですね。

漢字が難しいぶん、名前の威厳さが凄いのが特徴です。
まさに凛々しくてかっこいいという名前になっています。

一面に広がる美しい植物のイメージがこの燦という文字にはあります。
そんなイメージの子供になってほしいのなら「燦」はオススメです。

自然のイメージの『ひかり』⑥:緋花里

次はこの記事で初めてとなる3文字の「ひかり」です。
その最初に紹介するのは「緋花里」です。

「緋」という文字には、炎のように明るくて濃い赤色という意味があります。
色の種類の1つで緋色というのがあるくらいです。

この緋色は通常の赤色とは違って、黒みがかかっているのが特徴です。
口紅の種類でも緋色というのがあります。

緋色の口紅は明るいだけではなく、妖艶な雰囲気を出すことができます。
大人っぽい漢字なら緋がピッタリですね。

緋花里という名前は鮮やかな赤い花のように美しくなって欲しい、という願いが込められています。
鮮やかな美しい女性になってほしいのなら、緋花里という名前がオススメです。

自然のイメージの『ひかり』⑦:翡香里

次に紹介する名前も3文字です。
その名前というのが「翡香里」です。

翡という文字はあまり見覚えがないかもしれません。
それもそのはず、この文字は珍しい鳥の名前にもなっているのです。

その鳥とはカワセミの事です。
カワセミは青くて美しい羽を持つ鳥です。

翡を使った言葉で翡翠(ひすい)というものがあります。
翡翠は宝石の1種で、水色に近い色をした美しい宝石です。

あまりにも独特な色なので、翡翠色と名付けられるほどです。
翡香里にはそんな美しい色のような、明るい人になって欲しいという意味があります。

珍しい名前をつけたいという人にはオススメです。

<下に続く>

果物のイメージの『ひかり』

ひかりに照らされた果物

次は果物のイメージが強い「ひかり」を紹介します。
果物はラ行で終わるものが多く、「ひかり」に合わせやすいのが特徴です。

果物のイメージの『ひかり』①:光梨

梨という文字は「り」と読むことができます。
それを利用してできたのが、光梨という名前です。

梨は秋が旬の緑色が美しい果物です。
同じ形をしたリンゴよりも、シャキシャキ感が強いのが特徴ですね。

光梨はそんな梨のようなシャキっとした子供になって欲しい、という願いが込められています。
梨のようなかわいらしい子供になってほしい、という意味もあります。

また、梨は白い花を咲かせる植物です。
梨の花には花言葉もあり「愛情」「博愛」という意味があります。

愛に満ちた子供になって欲しいという意味で、名前をつけてもいい感じですね。
梨という字は女の子につける名前に使われる文字の中でも、特に使用率が高い漢字です。

光梨は当て字でもなく一般的な読み方ができる名前になります。
きっと子供も将来、自分の名前を気に入ってくれるでしょう。

果物のイメージの『ひかり』②:光李

李という文字も梨と同じように、名前に使われる事が多い漢字です。
李は「り」と読むのが一般的ですが、実はすももと読む事もできます。

すももは別名プラムとも呼ばれる果物の1つです。
日本ではあまり食べる機会がない果物になります。

すももは桃よりも赤みが強いのが特徴です。
小さくてもその輝かしい赤い果実は、目に焼き付くことでしょう。

すももはピンクの花を咲かせます。
この花にも花言葉があり「忠実」という意味があります。

梨と比べると固いイメージですね。
素直で優しく、すもものように可愛らしい子供になってほしいのなら「光李」がオススメです。

果物のイメージの『ひかり』③:燈

「燈」は一般的にはともしびと読むことができる漢字です。
ですが名前に使う場合であれば、「ひかり」と読むことができます。

燈と似たような漢字に橙というものがあります。
橙はだいだいと読むことができ、オレンジ色と同じ意味です。

ともしびもオレンジに近い色の炎なので、登が入っている漢字はそういう意味があるという訳です。
オレンジ色って明るいイメージがありますよね。

炎のように明るく、周りを照らすような子供になって欲しいのなら「燈」がオススメです。
学校で習うことはありませんがそこまで難しい漢字ではないので、きっと覚えやすいことでしょう。

果物のイメージの『ひかり』④:光凜

」という漢字は、凛々しいという言葉でもおなじみでよく目にします。
名前に使われる事も多く、とてもポピュラーな漢字です。

凜は「りん」と読むことができます。
りんと聞くと果物のりんごが思い浮かんできますね。

凜という漢字自体には、身を引き締めるという意味があります。
凛々しい女性というのは、隙がない様子のことを言う訳です。

可愛らしい子供もいいですが、凛々しく気品のある子供もいいですよね。
そんな時は「光凜」という名前がオススメです。

果物のイメージの『ひかり』⑤:光莉

」という漢字も、凜と同じく女の子に名付ける時に人気の文字です。
書きやすいうえに可愛らしい印象があるので、人気になるのも納得ですね。

莉には意外と知られていない意味があります。
その意味というのがジャスミンです。

ジャスミン茶でおなじみのジャスミンは、漢字で書くと茉莉花です。
この単語の中に莉が入っているのが分かりますね。

ジャスミンには花言葉があり、「愛想の良い」という意味があります。
子供には愛想の良い子になってほしいのなら、ピッタリの名前ですね。

ジャスミンのように可愛らしく、愛想の良い子供になってほしいのなら光莉がオススメです。

果物のイメージの『ひかり』⑥:日花梨

あなたはカリンという果物を知っていますか?
バラ科の果物で独特のかぐわしい匂いが特徴の果物です。

生で食べる事はできないので、その姿をあまり見ることはできません。
しかしその強烈な匂いは、お酒やのど飴にすることで進化を発揮します。

日花梨はそんな独特な果物をモチーフにした名前です。
カリンももちろん花を咲かすので、花言葉が存在しています。

カリンの花言葉は「唯一の愛」です。
一途な甘酸っぱい愛にピッタリの果物ですね。

唯一無二の特徴を持った子供になってほしいのなら、日花梨と名付けるのがオススメです。

果物のイメージの『ひかり』⑦:光杏

杏はアプリコットとも言われる果物です。
キレイな真っ黄色で甘いのが特徴の杏は、女の子の名前にピッタリです。

杏という漢字自体、女の子の名前に人気な文字のうちの1つです。
漢字も難しくなく、それでいて可愛らしい雰囲気があります。

杏の花言葉は「乙女のはにかみ」です。
杏の見た目が可愛いように、乙女のはにかみも可愛いという事でしょうね。

愛くるしい笑顔が特徴の子供に育ってほしいなら、「光杏」と名付けてみてください。

<下に続く>

女性らしさのイメージの『ひかり』

ひかりをまとっている女性

次は女性のイメージが強い漢字を使った、「ひかり」を紹介していきます。
「ひかり」はどちらかというと、女性につけることが多い名前です。

女性を意識した漢字を使うことで、より一層可愛らしさを増すことができます。

女性らしさのイメージの『ひかり』①:姫里

姫という漢字には、高い身分の女性という意味があります。
しかし現在ではそんなに堅苦しい意味で使うことは少ないです。

周りから大事にされている女性のことを指すのが一般的です。
女の子が生まれたら、その子は確実にその家のお姫様ですからね。

姫という漢字自体が可愛らしい印象があります。
なので今では、名前に使われやすい漢字の仲間入りを果たしています。

姫のような手厚く育てるのであれば、「姫里」という名前がオススメです。

女性らしさのイメージの『ひかり』②:愛灯

当て字になりますが、「愛灯」と書いて「ひかり」と読むことができます。
愛という漢字は女性につける名前で、1番人気といっても過言ではありません。

愛という漢字には愛する以外にも、もう1つ意味があります。
それが可愛がっているという意味です。

愛弟子や愛娘という単語が分かりやすいですね。
まなと読む単語の使い方をすると、この意味を持った単語になるわけです。

あなたの子供はあなたにとって、この世で1番愛してやまないものになることでしょう。
そういった意味でも、愛を使った名前はオススメです。

たくさんの人に愛されるような、子供になってほしいのなら「愛灯」はどうでしょうか。

女性らしさのイメージの『ひかり』③:妃里

「妃」という漢字には、皇族の配偶者という意味があります。
お妃様、といいますよね。

最初に紹介した姫よりも、更に高い地位を持つ女性を指します。
妃といえば気高く、誇り高い女性といったイメージがあります。

可愛らしく愛くるしい女の子もいいですが、上品な女性にもなってほしいですよね。
そういった女性になってほしいのなら、妃という漢字がピッタリです。

妃のような子供になってほしいのなら「妃里」がオススメです。

女性らしさのイメージの『ひかり』④:晶

「晶」という漢字にはキラキラして輝いているという意味があります。
晶を使った単語には水晶や液晶などがあります。

これらを見てわかるように、表面がキラキラしているものばかりです。
また晶には、キラキラする以外にも規則正しいという意味もあります。

水晶や結晶がキレイな理由って表面の輝きだけではないですよね。
規則正しくキレイに配置されてるのも、キレイな理由の1つです。

自分の子供には規則正しく生活してほしいですよね。
そういう意味でも晶という名前はオススメです。

水晶のようにキレイな女性になってほしいのなら、晶と名付けましょう。

女性らしさのイメージの『ひかり』⑤:日佳里

この章で初めての3文字の名前です。
「佳」は優れて良くさらに美しいという意味を持っています。

佳作という言葉もありますよね。
優れた子供になってほしいのならいい漢字ですね。

また佳には女神という意味もあります。
女神は女性の中でも、特に美しい象徴の人物です。

天皇家の中の1人にも名前にこの漢字が使われています。
その人は天皇家の中でも、特に美しいことでも知られています。

自分の子供もそんな気品のある美しい女性になってほしいものです。
女神のような女性になってほしいのなら「日佳里」がオススメです。

女性らしさのイメージの『ひかり』⑥:光華璃

華のような美しい女性は、全ての人の憧れの対象です。
可愛らしいイメージの花とは違い、華には気高いイメージがあります。

派手で美しくキレイな印象のある華は、もちろん名前に人気の漢字です。
華のような美しい女性になってほしいなら、光華璃はどうでしょうか。

女性らしさのイメージの『ひかり』⑦:光香里

「香」という字にはかぐわしいという意味があります。
いい匂いがする女性は、やっぱり魅力的ですよね。

香という字も名前に使いやすく、一般的なので安心することができます。
3文字でも読みやすい漢字で組み合わせれば、他の人が読み方を間違えることもありません。

可愛らしいイメージもあるので、光香里はオススメの名前です。

<下に続く>

その他の願いを込められた『ひかり』

太陽の眩しいひかり

最後に今まで紹介した「ひかり」以外の、他の意味がある名前を紹介します。

その他の願いを込められた『ひかり』①:ひかり

漢字ではなく、ひらがなで「ひかり」も候補に入ります。
ひらがなで名前をつけるとメリットがあります。

そのメリットというのがシンプルで分かりやすいという事。
読み間違えられることも少なくなります。

子供が自分の名前を書くことができないという自体にもなりません。
更にひらがなは、漢字よりも柔らかい印象を与える事ができます。

難しい漢字を使った名前だと、少し気難しい印象があります。
読みやすくシンプルな名前にしたいのなら、ひらがなで名付けるのもオススメです。

ですがひらがなにはデメリットも1つあります。
そのデメリットというのが、願いを込めにくいという事です。

名前はその子が、どういった子に育ってほしいのかを漢字で表します。
だからこそ読み方が同じでも、漢字が違ったりすることが多々あるわけです。

しかしこれがひらがなだと、その願いを込めることが難しいというわけです。
明るい元気な子になってほしい、清楚な子になってほしいなど、ひらがなでは表現することができません。

そういったデメリットも考えた上で、ひらがなにするのかもう1度考えてみてください。

その他の願いを込められた『ひかり』②:日夏凛

」が入ることで、明るいイメージを出すことができます。
光という文字を使わなくても、日と夏と凜という3つの漢字で、明るい印象を出しています。

夏は1日中暑い日が続きます。
自分の子供には暑い日には負けないくらい元気でいてほしいです。

そんな願いを込めたのが「日夏凛」という名前になります。
熱くそして太陽のように明るい子供になって欲しいのなら、夏という字はオススメです。

その他の願いを込められた『ひかり』③:晄

明るいイメージの章で紹介した晃という文字を、縦ではなく横にしたのが「」です。
この字は正式に漢字辞典で晃の異体字と認められています。

意味も一緒で「光り輝く」です。
晃は光とは少し読みづらいので、同じ意味のこちらの方がいいかもしれません。

晄は現在でもあまり見ることがない名前です。
なので珍しい漢字でチヤホヤされるかもしれません。

いつも笑顔で周りを照らすという願いが込められている名前です。
漢字も簡単なので、迷ったらこの名前がオススメです。

その他の願いを込められた『ひかり』④:光厘

この記事ではたくさんの「り」と読む漢字も紹介しました。
この「」という漢字は今までにないタイプの意味を持っています。

厘は数を表す単位の1つです。
1割1分1厘のように、1の100分の1を表す事ができる単位です。

つまり厘は細かい数の漢字です。
光厘は几帳面で繊細な子供になってほしいという願いが込められています。

厘は文字も簡単なので、子供も楽に書く事ができます。
几帳面な子供になって欲しいなら、光厘と名付けるのがオススメです。

その他の願いを込められた『ひかり』⑤:柊花里

柊はヒイラギと読むことができる漢字です。
ヒイラギは冬に花が咲く植物の1つになります。

葉にトゲがついているのが特徴で、このトゲがヒイラギという名前の由来にもなっています。
このトゲに触れると怪我をしてしまい、傷が疼ぐ(ひいらぐ)ことからヒイラギと名付けられました。

このような由来に影響されたのか、花言葉も非常に面白いものになっています。
ヒイラギの花言葉は「用心深い」です。

つまりこの名前には、注意深く気をつけて生きてほしいという願いが込められているのです。
女性はいつどこで、どんな危険が襲ってくるのかわかりません。

とはいえヒイラギは白くて繊細な花を咲かす植物です。
キレイでなおかつ注意深い人になってほしいなら、柊花里という名前がオススメです。

その他の願いを込められた『ひかり』⑥:星理

星の理(ことわり)と書いて「星理」という名前です。
明るいイメージの章で星という名前は紹介しましたが、少し強引な当て字で最初は読む事が難しいです。

ですがという漢字をつける事で読みやすくなり、間違えられる事も少なくなるでしょう。
ことわりとは物事の筋道という意味があります。

昔の有名な言葉で「盛者必衰の理」というのがありますよね。
普段の生活では耳にしない言葉ですが、素晴らしい意味を持っているんですよ。

漢字も2つとも簡単なのもメリットの1つです。
星のようにキレイでなおかつ頭の良い子供に育ってほしい、そんな願いが込められた名前です。

その他の願いを込められた『ひかり』⑦:光吏

光に「」をつけて「ひかり」と読みます。
吏という漢字は、役人仕官といった意味があります。

いわゆる公務員のような意味をもつ漢字です。
ですがこれのどこが明るいイメージなのかと、疑問に感じてしまうかもしれません。

実は吏はれっきとした明るいイメージを持つ漢字です。
役人ということは、つまり社会に貢献をするということです。

この世界は、誰かが誰かの役になって成り立っています。
たとえそれが役人の仕事だったとしても、必ず必要としてくれる人がいるわけです。

その仕事をすることで周りの生活が明るくなっていきます。
光吏は平和な世の中のために力を注いでほしい、という願いが込められているのです。

<下に続く>

『ひかり』の名前で知られる芸能人をご紹介

ひかりに満ちた芸能人

次は「ひかり」という名前で、活動している有名人を4人紹介していきます。
有名人と自分の子供が一緒の名前だと嬉しいですよね。

『ひかり』の名前で知られる芸能人①:満島ひかり

タレント、モデル、司会、女優と幅広い活躍をしている満島ひかりさん。
長年にかけて多数のドラマや映画に出演しており、記憶に留まっている人も多いのではないでしょうか。

NHKの朝ドラにも出演したことがあり、放映当時は人気絶頂でした。
今なお衰えない美しさは羨ましい限りです。

ひらがなで「ひかり」なのも、名前が覚えやすいですよね。
ひらがなは間違えられる事が少ないのが良いところです。

『ひかり』の名前で知られる芸能人②:下程光梨

下程光梨さんは広島にある広島テレビでアナウンサーをやっています。
アナウンサーをする前はモデルをやっていたこともあります。

アナウンサーの中でも特にキレイで、広島のアナウンサーの中では人気が高いようです。
野球の広島カープファンを自負していて、広島テレビの野球放送にも数多く出演しています。

広島ファンにとっては馴染みの深い、アナウンサーではないでしょうか。

『ひかり』の名前で知られる芸能人③:椎名ひかり

中学生の頃からモデルとして活躍している椎名ひかりさん。
モデル時代はギャルなのにオタク趣味ということで、人気を集めていました。

現在はアーティストとして活躍しており、シングルCDも数枚だしているほどです。
若い人を中心に支持を集めていて、今人気が上がりつつあるアーティストの1人です。

最初は椎名ぴかりんという名前で活動していました。
ですが少し前に本名である椎名ひかりに変えたようです。

椎名ひかりさんもひらがなで「ひかり」です。

『ひかり』の名前で知られる芸能人④:石田ひかり

石田ゆり子さんの姉として知られている石田ひかりさん。
その美しさで1986年から現在まで女優として活躍しています。

シングルCDを10枚も発売したこともあり、当時は人気がとても高かったです。
紅白歌合戦の司会も努めたこともあり、全国にその名が知れ渡っている女優です。

今なおその美貌は衰えず、人気女優として健在です。

<下に続く>

『ひかり』の名前に関するイメージランキングベスト4

ひかりのイメージ

「ひかり」という名前は、周りから見てどのようなイメージを持たれているのか気になりませんか?
この章で「ひかり」が、どんなイメージなのかをランキング形式で紹介していきます。

『ひかり』の名前に関するイメージランキング4位:凛としてかっこいい

4番目に多かったのが「凛としてかっこいい」というイメージです。
このようなイメージがついたのは、「光凛」のように「凛」を使う事が多いからではないでしょうか。

同じようなイメージに「剣道が得意そう」だったり、「清楚な人そう」というのがありました。
光は真っ白で何も汚れがないイメージなので、このような意見が多かったです。

どんな苦しい状況にあっても、凛として立ち向かっていくのにいい名前ですね。

『ひかり』の名前に関するイメージランキング3位:活発で元気

3番目に多かったのが「活発で元気」というイメージです。。
「ひかり」といえば日中の事を思い浮かべる人が多く、そこで遊んでいる子供を想像したのかもしれません。

太陽と書いてひかりと読むように、活動的な印象を持たれているようです。
今の時代はインターネットが発達し、子供が元気に走り回る姿もあまり見かけなくなりました。

だからこそ自分の子供には「ひかり」という名前をつけて、陽の光に負けないように遊んでほしいですね。

『ひかり』の名前に関するイメージランキング2位:輝いて眩しい

2番目に多かったのが「輝いて眩しい」というイメージです。
まばゆい光のように直視できないほど立派な人というイメージが強いようです。

輝や晃、曜など「ひかり」と読む名前は、ほとんどが輝くという意味を持っています。
大人から見ると子供は輝かしい未来を持っています。

その光り輝く未来を表しているのが「ひかり」という名前なのです。
「ひかり」と名付けることで、きっと大きな輝きを放つ子供に成長することでしょう。

『ひかり』の名前に関するイメージランキング1位:明るい

やはり1位はダントツで「明るい」というイメージでした。
光というのは、この世で最も明るいものといっても過言ではありません。

その明るさは肉眼では直視できないほどです。
明るすぎるものにはどうやっても叶いません。

自分の子供もきっとそのような存在になることでしょう。
その明るさで周りの人を全て照らすような存在になってくれます。

「ひかり」という名前をつけるからには、そんな人間になってほしいですよね。
「ひかり」は明るく元気で活発に、そして輝かしい存在になってほしいという名前なのです。

女の子の名前に関するこちらの記事もぜひご覧ください。
可愛い名前を大公開!女の子の名前ランキングや可愛い名前の書き方など紹介女の子の可愛い名前ランキングベスト10 可愛い名前、まず、女の子から紹介しますね。
琴音...

<下に続く>

おすすめの女の子名前本

たまひよ女の子のしあわせ名前事典
1689円

昔から現在まで幅広い世代の、女の子の人気の名前を特集した本です。
大手育児系の雑誌から、出版された本なので信頼できます。

この本に掲載されているのは、オススメの名前だけではありません。
名前の付け方講座名付けの運勢チェックだったりと、たくさんの名前に関する情報が掲載されています。

運勢やイメージなどから名前を決めることができます。
名前をつけるのに迷っていたら、迷わず買うことをオススメします。

<下に続く>

明るく輝く未来のための「ひかり」を決めましょう

未来へと続くひかり

自分の大事な大事な子供にはしっかりと、ちゃんとした名前をつけてあげたいものです。
その場のノリなんかでは絶対に決めることができません。

数ある名前の候補の中から「ひかり」を選ぶことは相当な決断でしょう。
この記事を読んでどの「ひかり」にするかを、決めることができたのならば嬉しい限りです。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
人気おすすめタグ
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line