sumica(スミカ)| 毎日が素敵になるアイデアが見つかる!

モスバーガーのおすすめ人気ランキング15選!バーガーやサイドメニューを紹介

日本生まれのハンバーガーチェーンと言えば、一番に思い浮かぶのがモスバーガ。
定番のモスバーガーやご飯をバンズにしたライスバーガーなど、おすすめメニューがたくさんあります。

そんなモスバーガーのおすすめ人気メニューを一挙にご紹介。
何にしようか迷ったときの参考にしてみて下さい。

Large 5ee2d2404a5bb108f5d084609629357f143fd8e4574c704c732a78d5914bc559 640

モスバーガーの種類と特徴

モスバーガー種類

1972年に東京で誕生したモスバーガーは、マクドナルドに次いで国内二位の店舗数を誇るハンバーガーチェーン店です。
定番のハンバーガーやチーズバーガー等の他に、お米を使ったライスバーガーや期間限定メニューなど、お店に行く度に新しいメニューを発見できます。

特にモスバーガーが他のハンバーガーチェーンと違うのは、お店での作り方にあります。
モスバーガーはお客さんの注文を受けてから、店員さんがそれぞれを作り始めます。

他のハンバーガーチェーンと比べると、若干提供されるまでの時間はかかります。
しかし一番おいしい出来立てを食べられるのは、客にとっては一番の嬉しいことではないでしょうか。

そのため他のハンバーガーチェーン店は「ファストフード(すぐ食べられる食べ物)」と分類される一方で、モスバーガーは「ハンバーガーレストラン」にカテゴライズされることもあるようです。

限定メニュー

モスバーガーには、期間限定メニューと販売日限定メニューという二つの限定メニューがあります。
期間限定メニューとは、販売する期間が決まっているメニューのこと。

一方販売日限定メニューはというと、「毎週金曜日限定」や「毎月29日限定」など、決まった日にちに販売されるメニューのことを指します。
毎日食べられるメニューではないので、お店に行ったタイミングで限定メニューがあれば、それを食べてみるのも一つの手です。

限定メニューの特徴

例えばモスバーガー2019年夏の限定メニューは、ハンバーガーにカレーをトッピングしたカレーモスバーガーなどが登場。
食欲を増進させるカレーをふんだんに使っているので、暑い夏にぴったりでおすすめです。

さらに毎月29日には、パティの間に焼き肉とチキンが乗った肉づくしのメニューになっています。
モスバーガーに行く度にこのような限定メニューに出会えるので、楽しみになっている方も多いのではないでしょうか。

ハンバーガー

モスバーガーの定番でおすすめメニューと言ったらやっぱりハンバーガー。
店名にもなっているモスバーガーは、トマトベースのソースがおいしいと評判です。

また定番のチーズバーガーやテリヤキバーガー、フィッシュバーガーなどは変わらないおいしさでおすすめ。
さらにはロースカツバーガーや海老カツバーガー、モス野菜バーガーやテリヤキチキンバーガーは、ボリュームたっぷりで一つでも大満足できそうです。

特に最近人気なのがパティが二枚入ったダブルのハンバーガーです。
お肉がたくさん食べられると、若い方を中心にリピーターが続出しています。

ハンバーガーの特徴

モスバーガーのハンバーガーの特徴と言ったら、やはり野菜の多さではないでしょうか。
ハンバーガーやテリヤキチキンバーガーなどの定番商品にもたっぷりの野菜が入っているので、ダイエット中の方に特におすすめ。

ファストフードに不足しがちな野菜をしっかり採れるので、それほど罪悪感もなく食べられます。
定番のモスバーガーには、スライスしたトマトと千切りのオニオンがたっぷり。

モス野菜バーガーは、そのトマトとオニオンの上に山盛りの細切りレタスが乗っていて、まるで野菜サラダを食べているかのような野菜感を感じられます。
これなら野菜を食べたい時もハンバーガーを食べられますね!

とびきりハンバーグサンド

とびきりハンバーグサンドの種類は3種類。

  • トマト&レタス
  • チーズ
  • 和風ソース

2008年の誕生から毎年進化を続けている、おすすめのハンバーガーです。
名前の通りとびきり材料にこだわっているということ。

とびきりハンバーグサンドの特徴

とびきりハンバーグサンドの特徴は、国産の生野菜と国産牛を使っているという点が一番ではないでしょうか。
きちんとした産地管理で、安心安全にこだわっています。

また具材に合わせるソースも、国産丸大豆醤油を使用した独自の和風ソースにしています。
さらにはチーズソースも北海道産ゴーダチーズと国産バターを使用。

ここまで国産にこだわったとびきりハンバーグサンド、おすすめなので是非食べてみて下さい。

モスライスバーガー

日本人らしいお米をパテ代わりにしたモスライスバーガーは、1987年に生まれました。
その香ばしい食感と具材との相性に病みつきになる人も続出。

現在は3種類のモスライスバーガーがあります。

  • 海老の天ぷら
  • 焼き肉
  • 海鮮かき揚げ(塩だれ)

どれもライスに良く合うのでおすすめです。

モスライスバーガーの特徴

ご飯で作ったライスプレートは、崩れないように醤油で味付けして焼き上げています。
まるで焼きおにぎりのような香ばしさがおすすめのモスライスバーガーは、崩れにくく和風の具材にもよく合います。

はじめはハンバーガーなのにライス?と思われた方も多いのではないでしょうか?
しかし一度食べてみるとそのおいしさにハマる人が続出し、今やモスバーガーの看板商品の一つとなっています。

ホットドッグ

片手で食べられると人気なのがこちらのホットドック。
定番のホットドックの他に、ピリ辛のチリドッグとさらに辛いスパイシーチリドッグがあります。

ホットドッグの特徴

噛むとプチっとはじけるソーセージがおいしいと人気です。
さらにホットチリソースが乗ったチリドッグや、それに辛いハラペーニョをさらにプラスしたスパイシーチリドッグは、刺激が欲しい人にぴったりでおすすめ。

モスバーガーの公式HPに、「辛すぎて食べられない場合があるので、辛さが苦手な方やお子様はご注意下さい」と注意書きがあるほど。
辛い物付きの方におすすめなので挑戦してみてくださいね!

モスの菜摘

ハンバーガなのにバンズが無い!そんな衝撃のハンバーガーの名前が「菜摘(なつみ)」。

  • モス野菜
  • テリヤキチキン
  • フィッシュ
  • ロースカツ
  • 海老カツ
  • ソイモス野菜

全部で6種類の菜摘は、たっぷり野菜が摂れるのでダイエット中の方にもおすすめ。

モスの菜摘の特徴

通常のパティやカツなどの具材を、バンズの代わりにフリルレタスでサンド。
糖質制限ダイエットをされている方にはぴったりで、野菜をもりもり摂れるのでおすすめです。

ただしバンズよりも食べる際に中の具がこぼれやすくなっているのでご注意下さい。

ソイパティ

ソイパティとは、牛肉のパティの代わりに大豆から取った植物性たんぱく質を使用しているパティのこと。
通常のモスバーガーやテリヤキバーガーにもソイパティがあり、ベジタリアンの方にもおすすめです。

ソイパティの特徴

タンパク質豊富で脂肪分が少ない大豆由来のたんぱく質を使用し、一食当たり50㎉ほど低いハンバーガーになりました。
大豆独特の臭みを抑え、食感も肉に近づけているので食べた満足感も高いのでおすすめ。

お肉が苦手な方やあっさり食べたい方におすすめのメニューです。

サイドメニュー

モスバーガーのサイドメニューには、定番のフレンチフライやチキンナゲットの他にも、モスチキンやオニオンフライ、野菜サラダなどがあります。
またクリスマスシーズンに人気のモスチキンパックや、バラエティパックなど大人数のパーティにおすすめのメニューもたくさん。

サイドメニューの特徴

モスバーガーのサイドメニューは、トッピングのソースなどが別売になっています。

  • バーベキューソース
  • マスタードソース
  • カレーの恩返し
  • 黒いデス辛ソース

定番のソースに加え、粉末状のカレーやデスソースまで。
サイドメニューの種類や好みに合わせて自由に選べるのが嬉しいですね!

新しい組み合わせを考えるのも楽しいのでおすすめです。

ドリンク

モスバーガーのドリンクには、定番のコールドドリンクの他に温かいコーヒーやスープなどもあります。
また暑い時期におすすめのモスシェイクや、今大人気のタピオカドリンクまで。

ドリンクの特徴

特にドリンクで人気があるのが、自分で混ぜる「まぜるシェイク」です。
また数量限定のタピオカ冬瓜茶ミルクや、タピオカ抹茶ミルクなども自分で混ぜるドリンクです。

自分の好きなタイミングで混ぜることが出来、味の変化も楽しめるのでおすすめ。

デザート

食事の後には甘いデザートはいかがですか?

  • ひんやりドルチェ 抹茶ショコラ 志布志産茶葉使用
  • ひんやりドルチェ ベイクドチーズ

冷やしておいしいカップケーキがおすすめです。

デザートの特徴

こちらのデザートには「ひんやりドルチェセット」があり、410円でデザートとドリンクのセットを楽しめます。
モスバーガーは食事だけでなくカフェとしてもおすすめなので、デザートを食べるためだけでも行ってみて下さい。

モスワイワイセット

小さいお子さんにおすすめのセットメニューはこちらです。

  • ワイワイテリヤキチーズバーガーセット
  • ワイワイバーガーセット
  • ワイワイチーズバーガーセット
  • ワイワイナゲットセット

「くだものと野菜」をはじめとするドリンクとフレンチフライのSサイズにおもちゃが付いています。

モスワイワイセットの特徴

モスワイワイセットは子供でも食べられるように、辛いオニオンやマスタード抜きのメニューになっています。
小さいお子さんと一緒に行った際はこちらのセットがおすすめです。

低アレルゲンメニュー

モスバーガーには7大アレルゲンを使わずに作ったポークのハンバーガーとホットドックがメニューにあります。
バンズは国産米を使用した米粉を配合、またパティはポークを使用しています。

さらにモスバーガーの公式HPでは材料に使われているアレルギー情報が一目で分かるようになっています。
調べたいアレルゲンを選択して、モスバーガーのすべてのメニューを対象にそのアレルゲンが含まれているかどうかを確認できるように。

食物アレルギーをお持ちの方は、事前にチェック出来るのでおすすめ。
また栄養成分情報も同じく調べることが出来るので、食事制限のある方やダイエット中の方にも安心ですね。

低アレルゲンメニューの特徴

さらに店内でのアレルゲンが混入するのを防ぐために、低アレルゲンメニューは個包装になっています。
スタッフも手を触れずに袋のまま加熱するという徹底ぶり。

これなら食物アレルギーが気になる子供にも安心して与えられますね!

朝モス

午前10時半までの時間限定メニュー。
野菜多めのハンバーガーを中心に、トーストやジャムなども選べます。

朝モスの特徴

朝限定のモーニングバーガーBLTやソイモーニング野菜チーズバーガーなど、野菜をたっぷり摂れるのでおすすめ。
セットメニューでホットコーヒーをプラスすれば、朝食としてぴったりなおすすめメニューになります。

<下に続く>

モスバーガーの選び方

モスバーガー選び方

たくさんの種類があるモスバーガーのメニュー、どれにしようか迷ってしまいますよね。

限定メニュー

モスバーガーには先に挙げた、期間限定メニューや販売日限定メニューの他にも店舗限定メニューがあるのをご存知ですか?
フェア期間中だけの限定メニューとして、食べられた人はラッキーですね。

食べられる期間が限られているので、何を食べようかと迷っている際には限定メニューの中から選んでみるのもいいかもしれません。

定番メニュー

店名にもなっている定番中の定番のモスバーガー。
厚切りのトマトにたっぷりのミートソースが良く合います。

またサクサクとしたオニオンの食感もアクセントになっています。
店名にもなっているので、代表作として長年親しまれてきたからこその信頼感があります。

サイドメニューとの組み合わせ

モスバーガーならではのソースたっぷりなバーガー類には、フレンチフライやオニオンリングなどが良く合います。
こぼれそうなソースをフレンチフライなどに付けて食べれば、一層美味しく食べられるのでおすすめ。

さらに限定メニューのカレーシリーズも、サイドメニューとの相性が抜群。
ソースの一滴まで余すことなく楽しむには、是非サイドメニューも一緒に注文して下さい。

その日の気分

モスバーガーのキャッチフレーズと言えば「今日、モス気分。」ですよね。
ハンバーガーの包み紙にも書いてあるこのキャッチフレーズが、実はメニューを選ぶ際の一番の決め手になるような気がします。

食べたくなったタイミングで、食べたいメニューを選ぶのが一番の幸せ。
あなたもモスバーガーが食べたくなったら、お店に急いで行きましょう!

<下に続く>

おすすめのモスバーガー【バーガー編】

おすすめモスバーガー

たくさんあるモスバーガーのメニューの中でも、とくにおすすめのバーガーをご紹介。

価格
モスバーガー 370
とびきりハンバーグサンド〈チーズ〉 440
モス野菜バーガー 360
テリヤキバーガー 360
モスライスバーガー焼肉 390
チリドッグ 350
にくにくにくバーガー 850
海老カツバーガー 390

【定番人気】モスバーガー

一番の定番で一番のおすすめと言えば、このモスバーガーです。
モスバーガーのお店が誕生して以来のメニューです。

定番のモスバーガーの他にも、チーズがおいしいモスチーズバーガーやモス野菜バーガーなど、クオリティの高いハンバーガーがおすすめ。
モスバーガーでは注文を受けてから作る、アフターオーダー方式を採用しており、いつでも出来立てのおいしさを味わえます。

【しっかり肉感】とびきりハンバーグサンド<チーズ>

国産の牛豚合いびき肉を100%使った、肉感が嬉しいおすすめメニュー。
特にとろりととろけるチーズが絶品で、北海道産ゴーダチーズと国内産バターを使ったオリジナルチーズソースが特におすすめ。

またしっかりしたパティに合わせるのは、国産丸大豆醬油を使った和風ソース。
国産にこだわったとびきりハンバーグサンドをぜひ試してみてください。

【野菜たっぷり】モス野菜バーガー

厚めにカットした輪切りのトマトと、みじん切りの玉ねぎ、細切りレタスのたっぷり野菜をつなぐのはオリジナルのオーロラソース。
このオーロラソースにもたくさんの野菜が入っているのをご存知ですか?

  • 玉ねぎ
  • 赤ピーマン
  • ズッキーニ
  • セロリ

これらを細かくカットしてソースにしています。
そのためこのモス野菜バーガーだけでも、6種類の野菜が摂れるのでおすすめ。

ハンバーガーを食べたいけど野菜も摂りたいという欲張りな方にぴったりでおすすめのメニューになっています。

【甘じょっぱいタレが魅力】テリヤキバーガー

醤油と味噌を使った甘辛いたれが絡んだテリヤキバーガーは、小さいお子さんからお年寄りまで誰もが好きな味の一つ。
さらにはシャキシャキのレタスが多めで、野菜もふんだんに摂れるのでおすすめです。

通常のパティが乗ったバーガーの他にもチキンを焼いたテリヤキチキンバーガーや、パティが倍のダブルテリヤキバーガーなどがあるのでお好みで選べます。

【ご飯がおいしい】モスライスバーガー焼肉

醤油で焼いた焼きおにぎりのようなライスバーガーに、牛バラ肉をたっぷりサンド。
シャキシャキのレタスと、醤油ベースの和風ソースによく合います。

特にこの和風ソースには工夫がたくさん。
長ネギやおろししょうがなどの薬味の他に、リンゴ果汁も入れてまろやかさと甘みがプラスされていておすすめです。

焼き肉はお店で焼くため、いつでも出来立てを楽しめるのでおすすめ。

【ピリ辛】チリドッグ

ロールパンにパリッとした食感がおいしいソーセージが乗ったおすすめメニュー。
その上にはトマトベースのホットチリソースが存在感たっぷりにかかっています。

そのピリ辛なソースのトッピングとして、カットしたオニオンがアクセントに。
お子さんや辛い物が苦手な方には辛すぎるホットチリソースが特徴で、なぜか食欲が増してしまうと話題になっています。

【毎月29日限定】にくにくにくバーガー

毎月29日の2(に)9(く)の日に販売されるのが、このにくにくにくバーガー。
直火焼きのチキンと、たっぷりの焼き肉がレタスの間で存在感をだしています。

どちらの肉もボリューム感たっぷりで、肉をがっつり食べたい人に特におすすめ。
さらに驚くのは本来バンズと呼ばれるパン部分まで、パティなるハンバーグになっているということ。

チキンと豚肉、そして牛肉という3つの種類の肉が揃い踏みしたにくにくにくバーガー、29日に忘れずに挑戦してみて下さい。

【ぷりぷりの海老】海老カツバーガー

ぷりぷり食感の海老が、サクサクの衣に包まれた海老カツバーガー。
特におすすめなのが、リニュアルしたタルタルソースなんです。

通常のタルタルソースにレモン果汁を加えることで、重たくなりがちな揚げ物もあっさりとさせてくれます。
このオリジナルのタルタルソースと千切りキャベツ、海老カツがマッチしていておすすめです。

<下に続く>

おすすめのモスバーガー【サイドメニュー編】

おすすめサイドメニュー

ハンバーガーには欠かすことのできないサイドメニュー。
そんなモスバーガーのおすすめサイドメニューをご紹介していきます。

価格
モスチキン 270
オニポテ 250
チキンナゲット 320
バラエティパックB 1,440
コーンスープ 310
モスシェイクバニラSサイズ 250
ひんやりドルチェ ベイクドチーズ 180

【さくっとおいしい】モスチキン

あっさりと柔らかい鶏の胸肉を、和風の下味にしっかりつけています。
さらに衣は米粉入りで、サクサク感がさらにアップ。

ハンバーガーのお供としてだけでなく、持ち帰って家でご飯と一緒に食べても立派なおかずになるのでおすすめ。
家族の多い方には、モスチキンが5本入ったモスチキンパックをおすすめします。

【どっちも食べたい人に】オニポテ

熱々のオニオンフライも食べたいけど、定番のフレンチフライも捨てがたい…。
そんな欲張りな方にはオニポテをおすすめします。

ジャガイモが感じられるホクホクのフレンチフライと、玉ねぎの甘味がおいしいオニオンフライが一つのセットになっています。
量も多すぎないので、ハンバーガーのサイドメニューとしてぴったりでおすすめ。

【ジューシー】チキンナゲット

鶏むね肉をスパイシーに味付けしたチキンナゲットは、5個入りで320円。
定番のバーベキューソースやマスタードソースは別売なのでご注意下さい。

このほかにも、期間限定でカレーパウダーやデスソースパウダーなどで味付けするのがおすすめ。
他にもチリディップソースなどもあるので、好みに選んでみて下さい。

【パーティーにおすすめ】バラエティパックB

紙製のボックスに、フレンチフライはLサイズが二つ分、オニオンフライが1セット分とナゲットは2セット分がたっぷり入っています。
たっぷり入っているので、パーティや大人数でのピクニックにおすすめ。

ソースはバーベキューソースとマスタードソースの二種類から選べます。
大人気のサイドメニューが三種類も入っており、期間限定のボックスデザインもかわいくておすすめです。

【テイクアウトもOK】コーンスープ

北海道産のトウモロコシと玉ねぎを使用し、時間をかけて熱を加えています。
粗くカットしたトウモロコシは、甘みやうまみを存分に感じられるのでおすすめ。

寒い時期に熱々を食べたいおすすめメニューになっています。
尚こちらはお持ち帰りも可能です。

お持ち帰りの際には紙製のカップに入っているので、やけどにご注意ください。

【おやつにもおすすめ】モスシェイクバニラ

夏におすすめなのが、ひんやりしたシェイクです。
北海道産の生乳をふんだんに使用し、コクがあるのにくどすぎないので、いくら飲んでも飽きません。

程よい甘さとなめらか食感が病みつきになると人気のおすすめメニューになっています。
さらにこのモスシェイクバニラに、期間限定の調味料「カレーの恩返し」を入れてかき混ぜると、チャイ風になるとネットで話題になっています。

バニラとカレーなんて一見不釣り合いに思えますが、意外にマッチしているようです。
勇気のある方は是非挑戦してみて下さい。

【ひんやりスイーツ】ひんやりドルチェ ベイクドチーズ

クリームチーズとサワークリームのコラボがおすすめの、ベイクドチーズケーキ。
ひんやりと名前についているのは、冷凍状態で提供されるため。

徐々に溶けて食感が変わる楽しみも味わえると人気です。
底のクッキー生地もサクサクで、濃厚なのにさっぱりと食べられるので甘いものが苦手な方にもおすすめ。

<下に続く>

モスバーガーは電話注文もOK

モスバーガー電話注文l

モスバーガーには待たずに商品を受け取れる、電話注文サービスがあります。
注文したい商品が決まったら、取りに行く店舗に電話します。

商品を注文し、取りに行く時間を伝えたらOKです。
その時間に行けば、店で待つことなく出来立ての商品をテイクアウト出来るのでおすすめ。

またモスバーガーでは、スマホやパソコンからできるネット注文も展開。
会員登録なしで注文、支払いはモスカードやクレジットカードで決済できます。

ネット注文のみの特別価格のメニューなどもあるので、お得に簡単に注文したい方におすすめです。

<下に続く>

モスバーガーのおすすめメニューを楽しもう!

モスバーガーまとめ

野菜たっぷりで産地にもこだわったモスバーガーは、おすすめメニューもたくさん。
期間限定や販売日限定メニューなどがあり、お店に行くのも楽しみですね!

便利なネット注文や電話注文を上手に活用して、モスのおいしいハンバーガーを楽しみましょう。

Thumb transparent
written by

sumica(スミカ)は毎日が楽しく、素敵になる暮らしのアイデアを発信する情報サイトです。100均やDIY、生活雑貨・コストコ、時短レシピなど、忙しい主婦やOLの方々の生活を豊かにするための情報を毎日お届けします!

関連記事
おすすめ記事
人気おすすめタグ
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Sumica add line image
Sumicaの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line